キッチン床にPタイルを利用しようと考えている方はいるでしょうか。

キッチンの床は水を使う場所なので
普通のフローリングでは傷みが激しいのであまり向いていません。

キッチンの床がフローリングの方ではフロアマットを敷いている方が多いですが
フロアマットは汚れやすく選択など大変だと思います。

その点、キッチン床をPタイルと呼ばれるビニール製のシートを貼ることで
フロアマットを利用しないでキッチンを利用できます。

Pタイルによってはフローリングの上からシールで貼るだけで
簡単に施工出来るものがあります。

今回は、キッチン床 Pタイルの話をします。

キッチン 床 Pタイル画像

キッチン床 Pタイル

キッチンの床をPタイルにすると水が付着しても
そのままで大丈夫なので安心です。
また、Pタイルはビニール製ですが丈夫なビニールなので
傷の心配もないのでキッチンでお皿を落としても安心です。

ただし凹むなので傷はつかないのですが
擦り傷みたいに色が白くなることはあるので
物を置いて引きずることには注意した方が良いです。

キッチン床 Pタイルを試してみる

キッチン床は広い方でも2畳ぐらいの広さだと思います。
Pタイルの中では簡単に施工できる両面タイプのものもあるので
現在のフローリングの上から貼るだけで施工が可能なものもあります。
ハサミやカッターで簡単にカット出来るので試しにやってみるのも良いと思います。

これから新築で住宅を建てる方は初めからフローリングの代わりに
Pタイルを業者に貼ってもらうようにしましょう。

Pタイルはフローリングやタイルに比べて安い床材です。
それでも他の床材に比べてデメリットが少ない床材と言えます。
キッチンの床にはフローリングではなくて
Pタイルを採用すると日々のキッチン利用が楽になりますよ。

※今回ご紹介したPタイルはこちらの商品です。
【45cm 粘着タイル 床タイル Pタイル フロアタイル】 裏面粘着シール付 床タイル フロアタイル 1枚 大理石調(B506-S5)

以上、キッチン床 Pタイルの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告