キッチンの床をフローリングやクッションフロアから
タイルにしたいと考えている方はいるでしょうか。

フローリングではキッチンで利用するときに
水滴について気にしてしまいます。
キッチンにマットを利用している方が多いと思いますが
あまりオシャレな感じではありません。

ビニール製のクッションフロアをキッチンの床にするなら
水滴を気にする必要はないですが
クッションフロアはビニール製なので
これもオシャレではないですね。

タイルの床なら水滴も気にすること無く
オシャレなキッチンの床になると考える方は多いと思います。

今回は、キッチン床タイルの話をします。

キッチン床タイル画像

キッチン床タイルのメリット

キッチンの床をタイルにするメリットと言えば
一番は水拭きで洗えるということになります。

モップを使い水拭きしたら
キッチンの油汚れも一気に綺麗になるのが
タイル床の最大のメリットです。

またタイルということで丈夫なので
フローリングのように物を落としたときの
傷を気にすることもなくなります。

実際に今私が住んでいるマンションでは
キッチンの床がタイルになっています。

料理を終えた後にモップで水拭きをしていますが
フローリングではこのようなことが出来ませんね。

キッチン床タイルのデメリット

キッチンの床をタイルにするデメリットとしては
寒いという方が多くいます。

私の住んでいるマンションでは
部屋中が床暖房なのでタイルの床でも寒いということはありません。
でも床暖房がないならタイルの床はヒンヤリ冷たいものです。

夏はタイルの床だと涼しくて快適ということがありますが
冬にエアコンだけの暖房では床が温かくならないので
床がタイルのキッチンで料理するときには
寒い思いをしながら料理を作るようになってしまいます。

キッチン床タイルを検討

キッチンの床でタイルを採用するなら床暖房にすることが大切ですが
床暖房は運用コストも掛かるのでキッチンの床をタイルにすることは
あまりオススメではありません。

やはり水滴のことを考えるとキッチンにはフローリングよりも
ビニール製の床が良いと思います。

クッションフロアだと安く感じてしまいますが
Pタイルと呼ばれるビニール製のフロアマットを利用すると良いと思います。

一見本物のタイルのように見えるPタイルというものもあるので
キッチンの床にはPタイルを検討してみると良いと思いますよ。

以上、キッチン床タイルの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告