真空断熱材 住宅 | 住宅購入体験談ブログ

住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

真空断熱材 住宅

      2016/01/30

住宅を購入するときに断熱材について検討して悩む方は多いと思います。
断熱材の違いによって部屋の住み心地は大きく変わります。
冬でも半袖で過ごせる部屋というのは憧れると思います。

グレードの良い断熱材を利用したいと考えますが
住宅メーカーではグラスウールの断熱材しか扱っていない会社も多いです。

一番断熱効果の高い断熱材というと真空断熱材というものがあります。
最近では魔法瓶で真空断熱材を利用しているものがありますが
住宅に利用したら暖かいことは想像できますよね。

今回は、真空断熱材 住宅の話をします。

真空断熱材 住宅画像

真空断熱材 住宅

真空断熱材を住宅に利用する方法が最近では増えています。

真空断熱材は、既存の住宅の内側から真空断熱材のパネルを付けることが出来るので
リフォームすることも可能です。

ですのでグラスウールの断熱材で住宅を建てても
寝室やリビングなどの断熱性能を向上したい箇所だけに
真空断熱材を利用することも可能です。

大手ハウスメーカーでは断熱材というと
グラスウールやロックウールの断熱材を利用している会社が多いです。
大手ハウスメーカーで建てても
更に断熱性能を向上したいと考えている方は多かったです。

真空断熱材は部屋内から設置できるので
大手ハウスメーカーで建てても真空断熱材が利用できるのがメリットです。

今までの断熱材ではどの断熱材でもデメリットがありました。
断熱材の経年劣化による隙間問題で
断熱性能が下がることが一番のデメリットです。

また断熱材というのは壁内に設置するので
後からリフォームすることは大変で
新築の時に後悔しない断熱材を選ぶことが必要でした。

でも真空断熱材が登場したことで状況は変わりました。
真空断熱材は部屋の内側から設置するので
いつでもリフォームすることが可能なので安心です。

真空断熱材のパネルは石膏ボードと合わせても13mmの厚さなので
部屋内が狭く感じることもありません。

壁と天井、床と真空断熱材で部屋に設置したら
魔法瓶の中にいるように暖かい部屋になることは容易に想像できます。
エアコンを付けて消しても保温力が保たれる感じは
快適な生活になるでしょう。

真空断熱材 住宅を検討

真空断熱材はとても高価なことがデメリットです。
6畳の部屋を真空断熱材を利用することで100万円の費用になります。

真空断熱材が登場したばかりなので高価と言われていますが
より多くの家庭で普及していくとリーズナブルな価格になる可能性もあります。

でも現状では、住宅全体というのは大変なので
寝室やリビングには真空断熱材を利用して
快適な部屋にしたいものですね。

以上、真空断熱材 住宅の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告