断熱材のグラスウール価格16kが、気になる方はいるでしょうか?

断熱材のグラスウール16kは、グラスウールで戸建住宅を建てる方で、1番リーズナブルな断熱材です。

グラスウール16kは、他の種類のグラスウール断熱材との価格差は、どれくらいでしょうか。

今回は、断熱材のグラスウール価格16kは、お買い得?の話をします。

断熱材 グラスウール 価格 16k画像

断熱材のグラスウール価格16kは、お買い得?

断熱材のグラスウール16kの価格は、設計価格ですが一坪6000円です。

設計価格というのは、見積もり段階の価格なので、実際には値引きがあります。

断熱材をグラスウール以外を選択する方は、他の断熱材の価格も検討すると思います。

  • 現場発泡ウレタン⇒11550円
  • ネオマフォーム ⇒11840円
  • スタイロフォーム⇒12400円
  • セルローズファイバー⇒21500円

上記がグラスウール以外の代表的な断熱材の価格です。

グラスウール16kの断熱材が、他の断熱材の半額ですが、お買い得だと感じます。

断熱材のグラスウール価格16kを検討

断熱材でグラスウール16kの価格は、他の断熱材に比べて半額ぐらいですが、断熱材の性能的にはどうなのでしょうか?

私の自宅は、現場発泡ウレタンの断熱材を採用しましたが、現場発泡ウレタンの断熱材は、グラスウールよりも気密性が高い住宅と感じます。

でも、断熱性能はグラスウール16kと変わらないと感じます。

断熱材の性能値でも、グラスウール16kと現場発泡ウレタンの数値は変わらないので、当然のことです。

価格だけで考えれば、グラスウール16kの価格は半値なので、グラスウール16kの断熱材を選択する価値はあると感じます。

ただし、延床面積が30坪ぐらいの住宅で、現場発泡ウレタン断熱材の価格は、約120万円ぐらいです。

グラスウール16kの断熱材の価格は、約60万円ぐらいになるので差は60万ぐらいです。

断熱材というのは、新築で建てた後でリフォームで変更することは難しいので、価格よりも性能を重視した方が良いとも思います。

冬場に寒さを感じたり、夏場に暑さを感じると、断熱材の選択ミスを感じる場合が多いので、断熱材の選びは価格だけではなくて、慎重に検討した方が良いと思います。

以上、断熱材のグラスウール価格16kは、お買い得?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告