無印良品の家の断熱材は、良いのか気になる方はいるでしょうか?

無印良品の家の断熱材は、内断熱と外断熱のダブル断熱工法になっています。

ダブル断熱工法を取り入れる住宅メーカーは増えていますが、無印良品の断熱材はどうなのでしょうか。

今回は、無印良品の家の断熱材は、良い?の話をします。

無印良品の家 断熱材イメージ画像

無印良品の家の断熱材は、良い?

無印良品の家の断熱材ですが、内断熱と外断熱で利用している断熱材は違います。

無印良品の内断熱工法の断熱材は、グラスウールの断熱材です。

グラスウールの断熱材は戸建住宅で1番多く利用されている断熱材ですが、グラスウールが水分を含んでカビが発生したり、断熱材が水分を含んだ重みで下に下がってしまい断熱材に隙間が出来ることが問題でした。

そこで、ダブル断熱工法にすることで、グラスウールを利用した断熱材のデメリットを解消することが可能になりました。

無印良品の外断熱工法の断熱材は、フェノールフォームという硬質パネルの断熱材です。

この断熱材は、断熱材としては最高レベルの断熱材です。

フェノールフォームの断熱材であれば、外断熱工法だけでも充分に暖かい断熱材なのですが、内断熱工法とのダブル断熱で最高レベルの高気密高断熱住宅にすることが可能になっていると言えますね。

無印良品の家の断熱材を検討

無印良品の家というと、無印良品らしいシンプルモダンなデザインの住宅というイメージを感じる方が多いと思います。

住宅性能よりも無印良品のデザイン性に意識をしてしまいますが、実は高気密高断熱住宅の高性能住宅です。

断熱材はダブル断熱工法で最高レベルの断熱性であることを伝えましたが、窓ガラスについてもトリプルガラスを標準仕様としているので、住宅メーカーの中でもトップクラスの高気密高断熱住宅だと言えます。

私が勤めていた住宅メーカーでは、無印良品の家の外断熱で利用しているフェノールフォームだけを利用して、高気密高断熱住宅と宣伝していましたが、無印良品の家ではダブル断熱にしているのに、高気密高断熱と宣伝していないことは凄いことだと感じます。

無印良品の家の断熱材は、良いものだと言えますね。

以上、無印良品の家の断熱材は、良い?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告