注文住宅で断熱材の種類選びで悩んでいる方も多いと思います。

ネットで断熱材に調べるとグラスウールの断熱材について
悪く書かれていることが多くあると思います。
他の断熱材の種類で何が良いのか?
と考えると大変悩むと思います。

私もグラスウール断熱材のデメリットを感じて
色々な種類の断熱材を検討しましたが
現場発泡ウレタンの断熱材にしました。

今回は、グラスウール断熱材 種類の話をします。

グラスウール断熱材 種類画像

グラスウール断熱材 種類

グラスウールの断熱材以外では色々な種類の断熱材がありますが
実は完璧な断熱材はないことを知ります。

メリットもあればデメリットもある。
これが物である断熱材という宿命と感じます。

私はグラスウールの断熱材だけは避けたくて
費用の問題や施工実績から現場発泡ウレタンの断熱材にしました。

でも費用に余裕があれば
外断熱で硬質ウレタンパネルの断熱材にして
内断熱工法でセルロースファイバーの断熱材が良いと感じています。

グラスウール断熱材 種類を検討

最近ではグラスウール断熱材のデメリットから
他の断熱材の種類が色々とあります。
でも日本での施工実績が少ないことが将来への不安が残ります。

海外で実績のある断熱材が日本の高温多湿な気候に合うかは
数十年と経過しないとわかりません。

でも大手の住宅メーカーでも
グラスウールの断熱材を利用していますが
他の種類の断熱材を利用しないのは不思議なことです。

またグラスウールの断熱材を利用して
高気密高断熱住宅をアピールしている住宅メーカーがありますが
グラスウールをギュウギュウ詰めにして高断熱にしている会社もありますが
グラスウールの断熱材はギュウギュウ詰めでも施工に問題があるので
大変難しい断熱材と言えます。

断熱材の種類では色々と迷うと思いますがどんな断熱材でも完璧はないので
費用が一番リーズナブルなグラスウールの断熱材を選ぶという考えも
あるかもしれませんね。

以上、グラスウール断熱材 種類の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告