住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

断熱材

外断熱のデメリット

投稿日:

注文住宅を建てる方で、外断熱工法にするか内断熱工法にするか迷っている方はいるでしょうか。

木造住宅では内断熱が一般的ですが、外断熱の方が断熱性が良いということで外断熱を推奨している住宅メーカーもあります。

でも木造住宅の場合では、外断熱のデメリットを考えると内断熱の方が良いです。
外断熱のデメリットとは、どのようなものでしょうか。

今回は、外断熱のデメリットの話をします。

外断熱のデメリット画像

外断熱のデメリット

外断熱のデメリットとしては、そもそも外断熱というものは、木造住宅に利用するものではなくて、鉄骨住宅に利用するものです。

鉄骨住宅では、鉄の熱伝導率の高さから、冬や夏の外気の影響を防ぐために断熱材で覆う必要があります。

逆に木造住宅というのは、木材の熱伝導率が低いために断熱材で覆う必要がありません。
また木材は湿気を吸収するので、断熱材で覆うよりも通気性が良い方が適しています。

木造住宅に外断熱にすることでのデメリットを言えば色々とありますが、そもそも鉄骨住宅に適している外断熱を木造住宅に採用することは、不自然なことだと言えます。

私が勤めてた住宅メーカーでは内断熱を推奨していますが、お客様の希望で外断熱で建てる注文住宅もあります。

ただし注文住宅を建てる職人さんは内断熱には慣れていますが、外断熱は慣れていません。

外断熱に慣れている住宅メーカーで住宅を建てても、リフォームするときに外断熱に慣れていない職人さんが多いので、外断熱ではリフォームするときにも苦労する場合が多いと言えます。

外断熱のデメリットを検討

外断熱のデメリットは、そもそも外断熱は木造住宅のための断熱ではないことですが、鉄骨住宅では外断熱にすることが必要です。

内断熱と外断熱のどちらが良いか迷う方は、木造住宅か鉄骨住宅のどちらが良いか検討することが必要になります。

台風の多い沖縄であれば、鉄骨住宅にすることが当然ですが、高温多湿の日本の場合では、木造住宅の方が快適に暮らすことが可能です。

木造住宅で外断熱にすることを検討している方は、外断熱のデメリットを慎重に検討した方が良いと思います。

以上、外断熱のデメリットの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-断熱材
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.