fpの家は高気密高断熱住宅の最高峰の住宅ですが
光熱費が節約出来ることも期待出来ます。

fpの家の標準仕様はオール電化住宅ですので
光熱費の主なものは電気料金となります。

光熱費の資産としては
fpの家では毎月1万円ほど光熱費が安くなると言われています。
太陽光パネルを設置している住宅では
光熱費が殆ど掛からないという住宅もあります。

今回は、fpの家の光熱費の話をします。

fpの家の光熱費画像

fpの家の光熱費

fpの家の光熱費はオール電化の家なので電気代が主な光熱費になりますが
実際のfpの家の光熱費は安いと感じます。

冬ではエアコンが暖房機器になりますが
通常の住宅であれば1万円ぐらいが光熱費になります。
そして太陽光パネルを設置していれば毎月1万円ぐらいの収入も入るので
太陽光パネルを設置した費用も20年ぐらいで回収することが可能です。

fpの家の光熱費を検討

fpの家では光熱費は安いと感じるものです。
なぜなら断熱性能が良いのでエアコンの効率が大変良いからです。

fpの家では蓄熱暖房機と言って深夜電力でレンガを温めて
日中に熱を放出する暖房機器があります。
一般な住宅で蓄熱暖房機を使っても寒い感じになりますが
高気密高断熱住宅のfpの家だからこそ温かい感じになります。

fpの家を体験したことが無い方は、fpの家ってどんな家?
と思いますがfpの家を例えるならクーラーボックスの家です。
クーラーボックスのように保温力が大変良い家なら
夏でも冬でもエアコンの効率が良いのは当然ですね。

fpの家では毎月の光熱費が安くなるので
例えば一般の住宅で建てる費用よりも500万円高くなっても
長い年月で考えたら同じ費用になる試算もあります。

fpの家で光熱費を安くしたいものですね。

以上、fpの家の光熱費の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告