マンション高層階で不調になる方もいることを知っているでしょうか?

最近では都心のタワーマンションと呼ばれる高層階のマンションが人気がありますが、マンションの高層階に住むことで体調が不調になる方もいるようです。

イギリスでは高層階マンションの建築が健康に良くないとの理由で規制されていますが、マンションの高層階を購入を検討している方は検討した方が良いと思います。

今回は、マンション高層階で不調の話をします。

マンション高層階で不調画像

マンション高層階で不調の話

マンション高層階で体調が不調になる方は多いです。マンションの13階以上になると精神的に落ち着かないという説がありますが、高層階のマンションに訪れて窓から下の景色を見ると立ちくらみになる気分があります。都心のオフィスだと30階以上の働く方は多いと思いますが、オフィスという仕事をする場所なら緊張感のある場所でまだ良いかもしれませが、自宅でリラックスする場所で高層階というのは体調が不調の原因になると感じます。

体調不調の原因として、高層階の気圧差だったり、高い場所という精神的なものが潜在意識に影響を与えていると思います。都心のオフィスでは高層階が多いですが、実は低層階のオフィスの方が生産性が良いという統計もあります。

やはり、人間は地面に近い方が良いものかもしれません。

マンション高層階で不調を検討

マンション高層階では窓を開けたままで玄関を開けると気圧の差で突風が吹くので、窓を閉めたままの生活をする方が多いですが、マンション高層階の生活になれる必要があります。

憧れのタワーマンションの高層階に住んでから体調不調になったら大変なことなので、高層階マンションの購入を検討している方は賃貸で数ヶ月ぐらい住んでみた方が良いと思います。

実際にマンション高層階で不調を感じない方が多いと思いますが、お子様を育てる方などは高層階マンションでも低層階を選んだ方が良いと感じます。

以上、マンション高層階で不調の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告