注文住宅で窓のない家に住みたい方はいるでしょうか。

窓がないと外からの視線が気にならないのでプライバシーが保たれると感じる方がいますが、窓がない家だと不便を感じることが多いと思います。

今回は、窓のない家の話をします。

窓のない家画像

窓のない家

日本の住宅では、建築基準法により窓がない家というのは、通常の部屋では出来ないことになっています。窓がない家だと火事のときに出口がなくて危険だったり、風通りがないので快適に住むことが出来ない家になってしまいます。

それでも最近では、外部には窓がない家というのがあります。天窓を設置したり中庭の部分で窓を配置して建築基準法はクリア出来ている家が増えて来ました。私は外部からの窓がない家に訪れたことがありますが、家に訪れて火事のときに逃げる場所は玄関しかないので不安に感じたものです。

また外からの太陽の光が入る採光の部分が中庭の部分だけなので、明るい家というよりも薄暗い家になっていました。窓のない家にこだわる意味があるのかな?と実際に訪問してみて感じました。

窓のない家を検討

注文住宅というのは、人それぞれの価値観で希望を叶える家です。窓のない家を作ることを希望する方には窓を作った方が良いとは言いづらいですが、それでも外観からの部分で窓があった方が良いと感じます。外からのプライバシーを気にするのであれば、例えば、小さい正方形の窓を複数配置した窓にすることで、外からの視線はあまり気にならないものです。

それでも窓のない家を作りたい方は、まずは実際に窓のない家に訪れてみて、住み心地を感じてみることをオススメします。窓のない家を作るときには、実際に住んでみてから後悔しないように慎重に検討した方が良いと思います。

以上、窓のない家の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告