南道路の土地は日当たりが良いということで人気がある土地ですが、南道路の間取りだとリビングで南道路の視線が気になる場合が多いです。

日当たりが良くて南道路の土地にしたのに、南道路の視線が気になりリラックス出来ないなら間取りとしては失敗です。南道路の間取りではリビングと道路を隣接させないことが大切です。

今回は、南道路の間取り30坪の話をします。

南道路 間取り 30坪画像

南道路 間取り 30坪画像

南道路の間取り30坪

南道路の間取りでは南道路からの視線が気にならないように、リビングと南道路を隣接させないようにすることが大切です。

上記のサンプル間取りではリビングに面している南側をタイル張りのポーチにしましたが、他には芝生などにしても良いと思います。庭の前に車を駐車するなら更に南道路の視線を遮ることが出来るので、更に外部からの視線を気にすることがなくなります。

またダイニングに関しては南道路に隣接していますが、ダイニングの主採光は西側の庭になっているので、南道路の窓は小さくすることが可能で視線が気にならないで過ごすことが可能です。

2階に関しては全ての部屋が南道路に面して30坪は理想な間取りと感じます。南西方向にはルーフバルコニー配置した間取りにしましたが、ガラス張りにしてサンルームにしても良いと感じます。

南道路の間取り30坪を検討

30坪の土地だと3LDKの間取りが出来ますが、戸建で一番人気のある間取りで調度良い広さの間取りの土地と感じます。そして日当たりが良い南道路ということで人気のある土地です。

多くの方が南道路で間取り30坪を希望する方が多いので、理想とする土地を探すには時間が掛かる場合があります。でも長い時間を掛けて土地探しをすることで理想とする南道路の間取り30坪を探すことが可能になります。

南道路で30坪の家に住んで日当たりが良く視線が気にならない間取りにして快適に過ごしましょう。

以上、南道路の間取り30坪の話でした。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので100万人以上が利用している人気サイトなので、個人情報も安全で安心して利用できます。

未公開情報を入手出来ると理想な土地を入手する可能性が高くなるので、ワクワクしますよ。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告