注文住宅の間取りを検討している方の中には、トイレに窓がない間取りになると不安になる場合があると思います。

トイレに窓があると換気がしやすく、照明を付けなくても窓からの採光で明るいトイレになります。でも間取りの関係でトイレが壁側に作ることが出来なくトイレに窓がない間取りになる場合も多くあります。

トイレに窓がない感じとはどのようなものでしょうか。

今回は、トイレに窓がない話をします。

トイレに窓がない画像

トイレに窓がない

トイレに窓がない間取りは、マンションでは多くあります。トイレに窓がないことが当然に利用している方も多いと思いますが、戸建の注文住宅となるとトイレに窓がある方が多いです。

私の実家では2階は窓があるトイレですが、1階のトイレは以前は窓がありましたがリフォームしてトイレの位置が外壁側でなくなったので窓がないトイレになりました。利用していて特に不便なことはありません。換気扇とウォシュレットの脱臭機能があるので、トイレの臭いが溜まることもありません。

ですので注文住宅の間取りでトイレに窓がないことを不安にする必要はないと言えます。

トイレに窓がないことを検討

戸建住宅ではトイレに窓がある方が多いですが、それは排水のパイプのことを考えると外壁に近い方が便利なので外壁側にトイレを設置します。そして、外壁側にトイレがあれば自然と窓を設置します。

窓を設置出来るトイレ配置であれば、窓を設置する方が良いですが、窓がないトイレであれば窓がないなりに利用するものです。ちなみに私が勤めていた住宅メーカーの木造のショールームでも窓がないトイレの配置になっていました。

窓がないと換気が出来ないので、臭いが気になると想像する方もいますが、そのような事はないので安心して良いです。また窓のないトイレに入るときに照明を付けることも、当たり前のように感じるのでトイレに窓がないことのデメリットはないと感じます。

以上、トイレに窓がない話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告