これから住宅購入を検討している方では、住宅の天井高を気にする方もいると思います。

日本の住宅では天井高が2400mmが一般的ですが、最近では2700mmの天井高の住宅も増えています。私の自宅の住宅では天井高が2700mmですが天井が高いと空間が広くなるので良い選択だと感じています。天井高を変更することは費用の違いがあまりないので、天井高を高くすることは良いと思います。

今回は、住宅の天井高の話をします。

住宅の天井高画像

住宅の天井高

最近の住宅ではマンションでも天井高が高い住宅が増えています。天井高が高いと空間が広くなるので同じ広さの間取りでも広く感じます。マンションでは天井高が高いものを選ぶことが出来るのであれば天井高が高いマンションを選ぶことをオススメします。

また注文住宅では天井高を自由に設定することが可能ですが、従来は通常の2400mmで天井高を設定する方が多かったですが、最近では2700mmの天井高に設定する方も増えています。ただし2階建ての戸建住宅では建築基準法の影響もあるので1階、2階の全ての部屋を2700mmの天井高にするよりも1階のリビングの部分を2700mmの天井高にして2階の寝室などの天井高は2400mmにした方が良いと思います。

住宅の天井高を検討

リビングの空間では天井高がある方が空間が広くなり快適な気持ちになりますが、寝室に関しては天井高が高いことはあまり必要ないと、実際に天井高2700mmの寝室に過ごして感じています。寝室に関してはあまり広い空間の寝室よりも、こじんまりとした寝室の方が落ち着くという実験結果もあります。注文住宅の2階建て住宅を建てる方は、天井高を高くすることで建築基準法に影響がある方は2階部分は通常の天井高の2400mmで良いと思います。

天井高が高い方が空間が広くなり良いと伝えましたが、天井高の上限は2700mmが上限だと思います。何故なら、それ以上高い天井高になると照明の電球を交換するときに届かない可能性が高いです。私の自宅では2700mmの天井高ですが、椅子に上がってギリギリ交換できる高さです。ハシゴに登れば2700mm以上でも問題ないと思いますが、エアコンの空調の効率も考えると天井高2700mmが調度良い天井高だと感じています。

住宅の天井高は指定出来るのであれば、リビングは2700mmの天井高。その他の部屋は2400mmの天井高が快適に暮らすことが出来る天井高だと思います。

以上、住宅の天井高の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告