注文住宅では、色々なことを決める必要がありますが、階段についても決める必要があります。

階段の踏む板を踏み板と言い、踏板の側面の板を蹴り込み板と呼びます。
一般的には、踏み板と蹴り込み板は同じ材料で同じ色を選択します。

でも、デザインを凝る方には、踏み板と蹴り込み板の色を変えたり、蹴り込み板をなくしてスリット階段にする方もいます。

蹴り込み板の選択で階段の利用しやすが大きく変わります。

今回は、踏み板と蹴り込み板の選び方の話をします。

踏み板と蹴り込み板の選び方画像

踏み板と蹴り込み板の選び方

踏み板と蹴り込み板の選び方ですが、通常は床のフローリングと同じ色を選択します。

私が住宅メーカーに務めいたときには、9割ぐらいの方が踏み板と蹴り込み板はフローリングと同じ色を選択していました。

デザインに凝る方の中では、蹴り込み板を白にする方がいます。
階段の側面が白になるので、オシャレな感じになりますが、階段の蹴り込み板を白にすると汚れが目立ち大変になります。

意外にも階段の蹴り込み板の部分は側面なので、スリッパの先が当たるので汚れが付着します。
階段の側面の部分は掃除がしずらいので、蹴り込み板は汚れが目立ちあまり印象ではありません。

ですので階段の蹴り込み板は、白を選択しないことがポイントだと言えます。

踏み板と蹴り込み板の選び方を検討

踏み板と蹴り込み板の選び方ですが、リビング階段を選択する方の中には、蹴り込み板がないスリット階段を選択する方がいます。

蹴り込み板がないスリット階段は、足を引っ掛けやすく階段も揺れやすく安定していないので、あまりオススメできません。

リビング階段を選択する方でも、蹴り込み板のある回り階段の方が安全に階段を利用できるので、よほどのことがない限り、蹴り込み板のある階段を選択した方が良いです。

階段の踏み板と蹴り込み板という些細なことですが、間違った選択をするとストレスになって快適な生活が出来ません。

踏み板と蹴り込み板は、床のフローリングと同色にすることが無難で良いと思います。

以上、踏み板と蹴り込み板の選び方の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告