注文住宅を建てる方は窓についても選びますが、横滑り窓と縦すべり窓どちらがいいか?
と、悩んでいる方はいるでしょうか。

横滑り窓も縦すべり窓も、引違い窓よりも気密性が良いのでオススメの窓です。

でも横滑り窓と縦すべり窓では、部屋に流れる風の流れが大きく変わります。
一般的にはドアのように開閉する縦すべり窓の方が、縦すべり窓の影響で部屋に風の流れが出来るのでオススメです。

今回は、横滑り窓と縦すべり窓どちらがいいかの話をします。

横滑り窓と縦すべり窓画像

横滑り窓と縦すべり窓どちらがいいか

横滑り窓と縦すべり窓どちらがいいか。
と言うのであれば、部屋に風の流れが出来る縦すべり窓がオススメです。

縦すべり窓画像

縦すべり窓は、ドアのように開閉する窓ですが、外の風を部屋内に取り入れることが可能です。

日本では引違い窓を利用している住宅が多いですが、引違い窓では外の風を取り入れることは出来ないですが、縦すべり窓だと外の風を部屋内に多く取り入れることが可能です。

ただし、縦すべり窓の開閉する向きに注意して設置することがポイントです。
地域によって1年を通して風が多く吹く方角は違いますが、多くは南側か北側のどちらかです。

南側から風が吹く地域では、縦すべり窓を開いたときに南側の風が部屋に取り込める方向で設置します。

縦すべり窓画像

横滑り窓を検討

横滑り窓画像

通常、部屋で設置する窓では縦すべり窓をオススメしますが、横滑り窓はどのような場所に設置するのが良いか説明します。

横滑り窓は、トイレや浴室に設置することをオススメします。

何故なら横滑り窓は開けたときには、窓が屋根代わりになって雨の侵入を防ぐことが可能です。
トイレは夏場だと常時窓を開けて置く場合が多いですが、突然の雨でも安心です。

横滑り窓と縦すべり窓を使い分けて設置することで、快適な暮らしが可能になります。

以上、横滑り窓と縦すべり窓どちらがいいかの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告