注文住宅を建てる方は、耐震性も考慮すると家の形も気にする必要があります。家の形で耐震性は大きく変わるので耐震性が高い家の形で注文住宅を建てたいものです。

どのような家の形が耐震性が高い形でしょうか?

今回は、耐震で家の形の話をします。

耐震 家の形画像

耐震で家の形の話

結論から話すると一番耐震性が高い家の形は、正方形の形の住宅です。理論的には八角形の家の形や円形が一番耐震性が高いですが、ごく一部の住宅メーカーでは八角形の家の形を作っていますが、あまり一般的ではないので、実際に作れる家の形としては正方形の家の形が耐震性が高い住宅になります。

正方形の家の形の住宅は少ないですが、耐震性が高いことをアピールしている住宅メーカーでは正方形の家の形を販売しています。

次に耐震性が高い家の形としては長方形の家の形です。長方形の家の形は多くの住宅で採用されています。

そして耐震性を考えると耐震性が悪いのはL字や凹の中庭を作るタイプの家の形です。風水では欠けと言われてあまり良くない家の形ですが、耐震性でもあまり良くない家の形です。

耐震で家の形を検討

家の形を耐震性から考えると、住宅の中心を考えることがポイントです。住宅が揺れたときに中心というものがありますが、正方形であれば中心は真ん中に来ます。建物の長さが縦も横も同じなので建物全体がバランス良く揺れることが可能です。

正方形画像

次に長方形の家の形について話をしますが、長方形の家の形だと建物中心は真ん中になりますが、縦と横で長さが違うのでバランスよく揺れることはありません。地震の揺れ方によって、特定の箇所に負荷が掛かる可能性があります。長方形画像

そして、耐震性を考えるとあまり良くない形のL字や凹の家の形ですが、家の形が複雑で中心がズレています。地震の揺れによって特定の部分に負担が掛かり損傷する可能性が高いです。実は私の自宅はL字の家の形ですが、地震によって1階の天井部分のクロスにヒビが入りました。

L字画像

耐震性を考えると正方形の家の形が一番良いですが、土地の大きさや形で難しい場合が多いので、現実的には長方形が一番無難で耐震性が良い家の形と言えます。

以上、耐震で家の形の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告