住宅購入体験談ブログ

住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

*

アイダ設計で555万円の住宅の総額

      2018/03/06

アイダ設計で555万円の住宅が、気になる方はいるでしょうか。

アイダ設計の555万円の住宅は、木工事の建物だけの費用の価格なので、実際に暮らすためには電気工事や水道工事など必要になるので、総額は555万円ではありません。

ローコスト住宅では、安い価格の場合には建物本体だけの価格をアピールしている場合があるので注意が必要です。

電気工事や水道工事などの費用は別になっている場合があるので、詳細を確認することが大切です。

では、アイダ設計で555万円の住宅を建てるときの総額は、いくらになるのでしょうか?

今回は、アイダ設計で555万円の住宅の総額の話をします。

アイダ設計で555万円間取りイメージ画像

アイダ設計で555万円の住宅の総額

実は、アイダ設計の555万円の住宅は以前はありましたが、現在はありません。

555万円の住宅は、延床15.25坪の1LDKの規格住宅ですが、狭い住宅です。

現在では、888万円で延床28坪の住宅を販売しています。

快適に暮らすには、最低でも延床28坪ぐらいの広さが必要ですが、それでも、延床15.25坪の555万円の住宅の総額が気になる方も多いと思います。

アイダ設計の555万円の住宅は、木工事と呼ばれる建物本体だけの費用ですが、水道工事や電気工事などは別に必要になります。

また、住宅という建物を建てるために必要な申請費用も掛かります。

一般的な注文住宅であれば、建物費用の10%ぐらいですが、アイダ設計の555万円の住宅で10%だと55万円ですが、さすがに55万円では水道工事など出来ません。

庭にフェンスをする外構工事でも80万円ぐらい掛るのが相場です。

またアイダ設計の555万円の住宅を選択しても、オプションを付ける場合が殆どなので、建物以外の費用として400万円ぐらいあると、通常に住むことが出来る住宅が完成します。

ですので、アイダ設計の555万円の住宅の総額は900万円ぐらいと考えて良いと思います。

アイダ設計で555万円の住宅の総額を検討

アイダ設計で555万円の住宅は、延床15.25坪ということで、平屋で1LDKに相応しい住宅です。
延床15.25坪の平屋だと下記のような間取りが可能です。

アイダ設計で555万円間取り画像

一般的には平屋だと建物の坪単価が高くなりますが、アイダ設計では延床15.25坪の建物を555万円として販売していました。
つまり、アイダ設計で555万円の住宅の総額としては900万円ぐらいの費用になりますが、それでもリーズナブルだと感じます。

現在アイダ設計は、延床28坪で888万円の住宅を販売していますが、総額として1200万円ぐらいで建てることが出来る住宅はリーズナブルだと思います。

※こちらの記事ではアイダ設計の888万円の住宅について話をしています。
アイダ設計で888万円の間取りの詳細は、コチラをクリック

以上、アイダ設計で555万円の住宅の総額の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


【期間限定】住宅購入に役立つレポート・無料プレゼント中

私が運営している住宅ブログを無料レポートとして、まとめました。


これから住宅購入を検討している方には、必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして無料レポートを確認する

広告