ピン工法のデメリットが気になる方はいるでしょうか?

注文住宅では色々なことを決めるので、木造の構造についても気になるようになって、ピン工法のデメリットも気になる方はいると思います。

私の自宅もピン工法で建てましたが、ピン工法のデメリットは気になりました。

ピン工法のデメリットは、どのようなものでしょうか?

今回は、ピン工法のデメリットの話をします。

ピン工法 デメリット画像

ピン工法のデメリット

ピン工法のデメリットとしては、色々なデメリットの説があるので、どれが確かなデメリットとは言えません。

例えば、ピン工法は火事のときにピンの金属部分が溶けて建物が倒壊する。

というデメリットの説がありますが、実際の事例が少ないので確かなデメリットではありません。

私が住宅メーカーに勤めていたときにも現場監督の意見でピン工法が良いという方と、在来工法を勧める方がいましたが、ピン工法の住宅が普及して長い年月を経過することで、ピン工法のデメリットが明確になると思います。

現時点でのピン工法の確かなデメリットとしては、ピン工法にすると在来工法よりも100万円以上のコストアップになることがデメリットと言えます。

ピン工法のデメリットを検討

ピン工法のデメリットについては、現時点では費用が高いというデメリット以外はハッキリと言えません。

私の自宅もピン工法で建てて数年経過しましたが、特に何も問題なく暮らしています。

何十年も経過してピン工法のデメリットがあれば、ピン工法のデメリットが明確になると思います。

在来工法の木造の戸建住宅では、木材の接合の部分が弱くなるのでピン工法が開発されたのですが、在来工法のデメリットを解消したピン工法は、理論的には地震や火災などに強い工法です。

また天井の柱を吹き抜けで見せる場合でも、在来工法だと金物が見えてしまい美しくないですが、ピン工法では金物が見えなくて美しい仕上がりになります。

現時点では、ピン工法のデメリットは費用が高いということだけなので、ピン工法が気になる方は前向きに検討しても良いと思います。

以上、ピン工法のデメリットの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告