住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

屋根

屋根の断熱材

投稿日:

屋根の断熱材が気になる方はいるでしょうか?

戸建住宅では、屋根の断熱材の違いによって、夏場の住み心地が大きく変わります。

屋根の断熱材を失敗すると、エアコンを動作しても暑い2階の部屋になってしまいます。

壁の断熱材は気にする方が多いですが、壁の断熱材よりも屋根の断熱材を注意した方が価値があります。

今回は、屋根の断熱材の話をします。

屋根の断熱材画像

屋根の断熱材

屋根の断熱材についてですが、屋根の部分に断熱材を設置する方法と、2階の天井裏に断熱材を設置する方法があります。

基本的には、天井裏に断熱材を設置するよりも、屋根の部分に断熱材を設置する方が、断熱材の効果があります。

なぜなら、2階の天井裏に断熱材を設置するタイプでは、屋根の小屋裏部分に暑い熱気が貯まるようになります。

冬場は問題ないですが、夏場は小屋裏の熱気が貯まることで、2階の部屋が常に暑い状態になってしまいます。

熱帯夜という言葉がありますが、夜になっても暑い熱気の影響を受けるのは大変なことです。

屋根の断熱材は、天井裏ではなくて、屋根に断熱材を設置するようにしましょう。

屋根の断熱材を検討

屋根に断熱材を設置することが大切と伝えましたが、どのような断熱材の種類が良いのでしょうか?

屋根の部分は、太陽光の遠赤外線を遮断したいので、アルミの断熱材を利用することがポイントです。

断熱材の種類としては、グラスウールや硬質ウレタン・現場発泡ウレタンなど色々とありますが、施工に問題なければ、どのような断熱材でも良いと思います。

つまり、アルミシートを敷いていれば、屋根の断熱材の種類は、あまり気にする必要は無いと思います。

もちろん、断熱材の施工に問題ないことは当然のことです。

ただし、屋根の形状が複雑な場合では、グラスウールや硬質ウレタンの設置は、施工が完璧にできない可能性があるので、現場発泡ウレタンの方が施工のリスクが少ない可能性が高いです。

屋根の断熱材では、アルミシートの断熱材を利用することを忘れないようにしましょう。

以上、屋根の断熱材の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-屋根
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.