住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

屋根 断熱材

屋根の断熱材の種類

投稿日:

屋根の断熱材の種類が気になる方は、いるでしょうか?

屋根の断熱材は、夏場に快適な暮らしをするために大切なポイントです。

壁の断熱材を検討するよりも、屋根の断熱材を検討する方が価値があります。

それほど屋根の断熱材は、快適な暮らしをするために大きな役割があります。

では、屋根の断熱材の種類には、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は、屋根の断熱材の種類の話をします。

屋根 断熱材 種類画像

屋根の断熱材の種類

屋根の断熱材の種類としては、大きく分けると硬質系断熱材と軟質系断熱材に分けることが出来ます。

以前に私が勤めていた住宅メーカーでは、高気密高断熱住宅をメインにしている住宅メーカーでしたが、硬質系断熱材を採用していました。

一般的に断熱材の種類としては、木の伸縮に合わせて伸縮できる軟質系の断熱材が良いと言われています。

ただし、硬質系断熱材でも工場で木の枠にあったものを作り、隙間を気密テープで塞いだものでは話が変わります。

軟質系の断熱材の性能よりも、分厚い硬質系断熱材の方が断熱性能が遥かに高いです。

屋根の断熱材でも、分厚い硬質系断熱材を採用することで、夏場の太陽の熱い輻射熱を防ぐことが可能です。

ただし、このような断熱材の種類を採用すると、屋根の断熱材だけでも費用が200万円アップする場合もあるので、かなり高額な断熱材だと言えます。

屋根の断熱材の種類を検討

屋根の断熱材には、硬質系断熱材や軟質系断熱材でも、大切なポイントとして、アルミシートを利用することは必須です。

さきほど話した、高価な硬質系断熱材の屋根でも、アルミシートを付着して、太陽の輻射熱を防ぐようにしてありました。

他の硬質系断熱材や軟質系断熱材を選択しても、アルミシートを付着することは可能です。

これから注文住宅を建てる方や、屋根のリフォームをする方は、アルミシートを敷いて太陽の輻射熱を防ぐようにすることは、とても価値があります。

ですので、屋根の断熱材の種類で悩む方にアドバイスすると、どのような断熱材にもメリットとデメリットがあります。

工事の施工ミスがなければ、どのような断熱材の種類を採用しても、大きな問題が出ることはあまりないと感じます。

それよりも、屋根の断熱材にはアルミシートをセットすることで、断熱性能は高くなります。

屋根の断熱材にどのような種類を採用しても、アルミシートをセットにすることだけは、忘れないようにしたいものです。

以上、屋根の断熱材の種類の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-屋根, 断熱材
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.