住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

断熱材

羊毛断熱材のデメリット

投稿日:

羊毛断熱材のデメリットが気になる方はいるでしょうか?

注文住宅では、住宅に関する色々な部分を選択して住宅づくりが可能ですが、断熱材の種類について検討される方は多いです。

羊毛断熱材は天然素材ということで、他の断熱材とは唯一違うものです。

でも、羊毛断熱材のデメリットも気になります。

今回は、羊毛断熱材のデメリットの話をします。

羊毛断熱材 デメリット画像

羊毛断熱材のデメリット

羊毛断熱材のデメリットとして、天然素材のため虫が発生するリスクがあります。

他の断熱材は、天然素材ではないので断熱材に発生するリスクは少ないです。

グラスウールの断熱材では、水分を吸収してカビが発生するリスクがありますが、羊毛断熱材では更にカビが発生するリスクがあります。

羊毛断熱材以外でも、古紙を利用したセルロースファイバーの断熱材でも虫が発生することを防ぐために、断熱材にホウ酸を混ぜていますが、羊毛断熱材でもホウ酸を混ぜています。

天然素材だから羊毛断熱材を選択しても、ホウ酸を混ぜている断熱材で囲まれた住宅に暮らすことは、アレルギーに敏感な方にとって、天然素材の羊毛断熱材のメリットがなくて、デメリットの方が大きいと思います。

羊毛断熱材のデメリットを検討

私が住宅メーカーに勤めていたときには、フル注文住宅の住宅メーカーだったので、断熱材は色々な種類を利用していました。

でも、羊毛断熱材だけは採用する住宅がなかったです。

日本の高温多湿の気候には、羊毛断熱材というのはデメリットが多いと感じます。

海外で乾燥している気候の地域では、家庭でカビが発生することがない地域もあります。

そのような地域であれば、羊毛断熱材のデメリットは少なくて、良い断熱材と言えます。

羊毛断熱材を検討している方は、デメリットのことを慎重に検討した方が良いと思います。

なぜなら、住宅が完成してからリフォームで断熱材を交換することは、大規模なリフォームになるからです。

断熱材は、快適な暮らしをするための重要なポイントです。

デメリットの少ない、後悔しない断熱材を選択したいものです。

以上、羊毛断熱材のデメリットの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-断熱材
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.