住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

注文住宅 間取り

リビング階段で後悔

投稿日:

リビング階段で後悔をしている方がいることを、知っているでしょうか?

リビング階段というのは、注文住宅で憧れの間取りですが、でも実際に生活をしてみてから、リビング階段が不要という方が多いのも事実です。

なぜなら、リビング階段では、冬は寒くて夏は熱いというデメリットの方が多いからです。

今回は、リビング階段で後悔の話をします。

リビング階段 後悔画像

リビング階段で後悔

リビング階段で後悔する方が多いことを伝えましたが、リビング階段ではリビングに吹き抜けの空間が出来ます。

リビング階段とは別に、リビングに吹き抜けを作り明るいリビングにすることも人気がありますが、これも冬は寒くて夏は暑いので後悔する場合が多いです。

リビングに明り取りの吹き抜けだけであれば、後悔してもリフォームで吹き抜けを塞ぐことが可能です。

でも、リビング階段で後悔を感じても、階段部分の吹き抜けを塞ぐことが出来ません。

リビング階段の吹き抜けの部分にドアを付けられる配置であれば、後悔しても対応が出来ますが、完全にオープンなリビング階段ではドアを設置することも出来ません。

注文住宅でリビング階段の間取りにするときには、後悔することも考えて、リフォームでドアを設置できるような配置で、リビング階段の間取りを検討することがポイントです。

リビング階段で後悔を検討

私が注文住宅の住宅メーカーに勤めていたときには、リビング階段の間取りを選択する方が多かったです。

設計士の好みも影響しますが、デザイン重視の方はリビング階段を選択する傾向があります。

住み心地を重視する方では、リビング階段ではなくて、階段は廊下の部分に配置する場合が殆どでした。

多くの大手ハウスメーカーの住宅展示場の間取りでは、お客様に感動してもらい憧れるような間取りを作る必要があります。

つまり今まで体験したことがないような間取りを作る必要があるので、派手な間取りになる傾向があります。

派手な間取りが住み心地が良い間取りとは、違います。

大工さんの自宅というのは、大変地味なオーソドックスな間取りの住宅が殆どですが、住み心地が良くて安心して住めることが出来る間取りというのは、地味なオーソドックスな間取りです。

リビング階段で後悔する可能性は高いので、リビング階段に憧れる方は、リビング階段のデメリットを感じても、リフォームで改善出来るような間取りにすることをオススメします。

以上、リビング階段で後悔の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-注文住宅 間取り
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.