無印良品の家の窓の家が気になる方は、いるでしょうか?

無印良品の家では、色々なデザインの家がありますが、窓の家が1番無難なデザインなので、既存の住宅地にも馴染むことが出来ると感じます。

窓の家の白い外壁と切妻屋根のデザインは、家らしい雰囲気があり落ち着きを感じます。

今回は、無印良品の家の窓の家が1番無難の話をします。

無印良品の家の窓の家イメージ画像

無印良品の家の窓の家が1番無難

無印良品の家の窓の家ですが、無印良品の商品の中で1番無難な住宅だと感じます。

無印良品の窓の家は、外壁が白い塗り壁になっていますが、既存の住宅地の景観にも馴染む外観です。

区画整理をした新しい住宅街では、景観を大切にするために外壁の色を指定している地区もあります。

でも、無印良品の窓の家であれば、安心して住宅を建てることが出来ますね。

また、窓の家では切妻屋根という三角屋根ですが、シンプルな形状のために雨漏りのリスクな1番少ない屋根の形状です。

住宅にとって、雨漏りをしないことは必須のことですが、屋根の形状で雨漏りのリスクが減らすことが出来るので、屋根の形状は大切なポイントだと言えます。

無印良品の家の窓の家を検討

無印良品の家の窓の家は、無印良品の商品の中で1番無難な住宅だと伝えました。

無印良品の家と言うと木の家が代表する住宅ですが、木の家はガルバの金属の外壁なので既存の住宅街に似合わない場合もあります。

私の自宅もガルバの外壁を採用していますが、新しい分譲地の場所なので大丈夫なのですが、古い住宅地に建てるなら浮いてしまう感じもありますね。

既存の住宅街に無印良品の家を建てるなら、木の家よりも窓の家の方が無難なことは確かだと思いますよ。

また、無印良品の木の家は、デザイナー住宅らしい斬新なデザインですが、人によって好みが大きく別れます。

一般的には男性はシンプルモダンな木の家を好む方が多いのですが、女性の方では好まない方が多いです。

でも、無印良品の窓の家であれば、三角屋根の可愛らしい住宅なので女性にも人気があります。

住宅を購入するときにデザインや設備で夫婦の意見が違うときには、女性の意見を尊重した方が結果的に良いと言われています。

なぜなら、住宅で過ごす時間が長いのは、女性の方だからです。

色々なことを総合的に検討してみても、無印良品の家の中で窓の家が1番無難だと思いました。

以上、無印良品の家の窓の家が1番無難の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告