無印良品の家でオプション価格が気になる方は、いるでしょうか?

これから注文住宅を建てる方は、オプションについて悩む方が多いと思います。

注文住宅を建てるときには、住宅メーカーの標準仕様の設備ではなくて、少しでも良い設備をオプションとして設置したいものですが、オプションが多くなると費用が高くなるものですね。

でも、無印良品の家でオプション価格は、高いのでしょうか。

今回は、無印良品の家でオプション価格は、高い?の話をします。

無印良品の家 オプション 価格イメージ画像

無印良品の家でオプション価格は、高い?

無印良品の家でオプション価格は、選択するオプションによって値段は大きく変わります。

例えば、無印良品の家でスケルトン階段を選択すると価格は大幅に高くなります。

一般的にスケルトン階段というのは、100万円ぐらいする価格なので、無印良品の家でもオプションで選択して価格が高くなることは当然です。

ですので、無印良品の家でオプションが高いというよりも、標準仕様でリーズナブルな価格だったものが、オプション設備に変更することで価格が高いと感じてしまいます。

実際に無印良品の家で住宅を購入した方では、標準仕様の価格が1800万円でオプションの価格が350万円という方がいます。

でも、このようにオプションが価格が高くなるのは、無印良品の家だけではなくて、一般的な注文住宅の会社でも同じような価格です。

注文住宅でオプション価格が300~400万円というのは、標準的な価格だと感じます。

無印良品の家でオプション価格を検討

無印良品の家は、自由設計の注文住宅ではなくて、間取りが決まっている規格住宅です。

規格住宅というのは、自由設計の注文住宅よりも間取りが決まっている分、建物価格はリーズナブルになっています。

建物を建てる現場の職人さんも、規格住宅だと同じ作業をすれば良いのでスムーズに作業が出来ます。

でも、オプションを選択することで細かな仕様が色々と変わり手間が掛かるので、オプション価格には本体の設備だけではなくて、設置の手間代も含まれていると考えた方が良いと思います。

もちろん、無印良品の家だけではなくて、他の住宅メーカーでもオプション価格が高く感じる住宅メーカーは多くありますね。

無印良品の家は、規格住宅で本体の価格をリーズナブルにしているので、逆にオプション価格が高く感じるとも言えます。

以上、無印良品の家でオプション価格は、高い?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告