スウェーデンハウスのメンテナンスが気になる方は、いるでしょうか。

スウェーデンハウスは、トップクラスの高気密高断熱住宅と言えますが、スウェーデンハウスの特徴として窓のサッシが木製サッシを利用していることがポイントです。

木製サッシというのは、断熱効果が高く冬場に結露が発生する可能性が少ないサッシです。

でも、スウェーデンハウスの木製サッシは、木のためにメンテナンスが大変と言われています。

これから、スウェーデンハウスを購入する方は、メンテナンスが大変だと気になりますよね。

今回は、スウェーデンハウスは、メンテナンスが大変?の話をします。

スウェーデンハウス メンテナンスイメージ画像

スウェーデンハウスは、メンテナンスが大変?

スウェーデンハウスは、木製サッシを定期的に塗料を塗ってメンテナンスをする必要があります。

塗料を3年に一回程度塗る必要がありますが、自分で塗ることも可能ですが、多くの方は面倒に感じて業者に依頼するようですね。

一回1万5千円の金額とあまり高くはないですが、定期的にメンテナンスをすることは億劫に感じる方も多いです。

また、スウェーデンハウスの玄関ドアを木製を選択した場合には、玄関ドアのメンテナンスも必要です。

玄関ドアは、1年に数回塗ることが必要なようですが窓のサッシと玄関ドアを合わせると、結構なメンテナンス費用になります。

また、スウェーデンハウスでは木を利用したデッキやベランダも多いですが、もちろん定期的にメンテナンスをしないと木が腐ってしまいます。

特にベランダの場所では、床が抜けて落ちてしまう危険の可能性もあるので、スウェーデンハウスでは木製部分のメンテナンスは、費用が高額になっても定期的にメンテナンスをすることは必須ですね。

スウェーデンハウスは、メンテナンスを検討

スウェーデンハウスは、他のハウスメーカーとは違って輸入住宅をメインとしている特徴のある住宅メーカーです。

特に木製の材料を利用して、木の温もりを感じることが出来るオシャレな住宅です。

また、高気密高断熱住宅としてもトップクラスの住宅です。

でも、スウェーデンハウスのメンテナンスが大変と感じてしまい、他の高気密高断熱住宅のFPの家を選択する方も多いです。

大手ハウスメーカー以外で高気密高断熱住宅というと、スウェーデンハウスかFPの家で迷う方が多いのですが、FPの家は木製の材料を積極的に利用することはないので、メンテナンスとしては楽です。

スウェーデンハウスのメンテンナンスが大変でも、スウェーデンハウスのデザインというのは他のハウスメーカーにはない特徴のあるデザインです。

デザイン性と高気密高断熱という高性能住宅を求める方には、スウェーデンハウスはメンテンナンスが大変でも購入する価値はありますね。

以上、スウェーデンハウスは、メンテナンスが大変?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告