注文住宅の新築が建つまでの期間が気になる方は、いるでしょうか?

これから新築の注文住宅を建てる方では、住宅建築のタイミングや転居のことなど色々と考えると思います。

特に新築建つまでの期間を考える方の多くは、お子さんの学校のことを考える方が多いです。

転校が必要な場合では、新学期に合わせて転居が出来るようにしたいものですね。

注文住宅の新築が建つまでの期間は、一般的にはどれ位なのでしょうか。

今回は、新築建つまでの期間は?の話をします。

新築建つまでの期間イメージ画像

新築建つまでの期間は?

注文住宅で新築建つまでの期間は、最低でも3ヶ月間は必要です。

この3ヶ月間というのは、新築住宅の工事が始まって完成するまでの期間です。

土地探しや間取り作成のプランニングも考慮するなら、最低でも6ヶ月ぐらいの期間が必要になります。

もちろん、土地探しやプランニングで色々と悩むと、1年ぐらいの期間が掛かる方も多いです。

でも、新築の建物だけの建つまでの期間を考えるなら、一般的な住宅であれば3ヶ月間が標準的な期間だと言えますね。

新築建つまでの期間を検討

新築建つまで期間として3ヶ月が一般的な期間だと伝えました。

これは一般的な木造住宅での新築の建つまでの期間です。

工場で作る鉄骨住宅の新築やコンクリート造の新築では、多少期間が長くなる場合もありますが、建物が建つまでの期間としては、3ヶ月間ぐらいを目安に考えると良いと思います。

注文住宅では、新築の建物を建てる期間というのは3ヶ月間ぐらいですが、建物を建てるまでの期間が長くなる場合が多いです。

特に土地探しから始める場合では、半年ぐらいかけて土地探しをする方も多いです。

長い方では1年以上かけて土地探しをする方もいます。

また、自由設計のフル注文住宅では建物のプランニングでも時間が掛かる方も多いです。

半年ぐらいの期間をかけて間取りや外観の設計で相談される方もいます。

ですので、新築の建物が建つまでの期間は3ヶ月間としても、色々なことを含めると注文住宅では8ヶ月間ぐらいの期間を掛けるのが、私が勤めていた住宅メーカーの標準的な期間でした。

一生に一度のマイホーム購入ですが、注文住宅が他のマンションや建売住宅購入とは違い1番期間をかけて購入する住宅です。

その分、新築住宅が完成して住み始めたときには、他の住宅では味わうことができない感覚があります。

注文住宅というのは、単に住宅を購入するという感覚ではなくて、住宅メーカーの営業担当者や設計士、大工さん、その他の職人さんと一緒になって作り上げる感覚があるんですよ。

以上、新築建つまでの期間は?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告