コミコミ1000万円の家が気になる方は、いるでしょうか。

コミコミ1000万円の家というのは、電気・水道・ガス工事などの家本体以外の費用を含めて、コミコミ1000万円という意味です。

ローコスト住宅メーカーの坪単価37万円や規格住宅で1000万円以内の家もありますが、その多くが電気・水道・ガス工事などの家本体以外の費用は、別になっています。

つまり、コミコミ1000万円の家というのは、一見不可能に思えるのですが、実際にはコミコミ1000万円の家は可能です。

今回は、コミコミ1000万円の家って、どんな家?の話をします。

コミコミ1000万円の家イメージ画像

コミコミ1000万円の家って、どんな家?

私が住宅メーカーに勤めていたときに、コミコミ1000万円の家の注文住宅はありました。

初めての住宅購入ではなくて、建て替えの家でしたが、コミコミ1000万円以下の税込み900万円台の家でした。

家の仕様的には、屋根はコロニアルで外壁はサイディングとローコスト住宅と同様な仕様になっていますが、注文住宅をメインとする住宅メーカーでも、コミコミ1000万円の家は可能ということが言えますね。

実際のコミコミ1000万円の家は、平屋の家で延床20坪の1LDKの間取りでしたが、高齢者の家として満足できる家だと思います。

施主の方も、満足して住んでいることを聞きました。

コミコミ1000万円の家を検討

私が住宅メーカーに勤めていたときに、実際にあったコミコミ1000万円の家というのは、平屋で20坪の1LDKの住宅でした。

坪単価にすると約50万円になりますが、諸経費やガス・水道・電気などの付帯工事も含めた価格でコミコミ1000万円の家です。

平屋の住宅は、坪単価にすると2階建て住宅よりも高いと言われていて、平屋よりも2階建て住宅の方が得という意見もあります。

でも、実際にコミコミ1000万円の家を建てるとなると、平屋の住宅になると感じます。

実は、平屋の住宅というのは年々需要が高くなっている住宅です。

子供が成人して独立するようになって、2階建ての広い間取りの住宅が不要と感じている方は多くいます。

そして、リフォームか建て替えで悩む方も多いのですが、コミコミ1000万円の家で平屋の新築が出来るのであれば、平屋の建て替えを選択する方も多いですね。

私の自宅も2階建て住宅になっていますが、将来高齢者になったときには、平屋で建て替えも検討していますが、コミコミ1000万円の家なら建て替えることも現実的と感じています。

コミコミ1000万円の家は、平屋の住宅になりますが、高齢者になったときの住宅として魅力的な住宅だと思います。

ちなみに下記のサイトでは、平屋の住宅専門に間取りや建築費用を複数の住宅メーカーに一括見積もりが可能です。

⇒こちらをクリックして、平屋の住宅の一括見積もりの詳細を確認


まずは、資料請求をしてみて、コミコミ1000万円の家になるか確認してみませんか?

以上、コミコミ1000万円の家って、どんな家?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告