住宅を購入する方は住宅ローンについても悩むものです。

住宅ローンの金利については
実際の融資まで大変気になるものです。

また2015年は固定か変動のどちらが良いか
悩む方は多いと思います。

でも固定金利で5年固定を検討する方もいますが
5年固定はやめた方が良いと思います。

今回は、住宅ローン2015年5年固定やめた方が良いという話をします。

※比較検討することがポイントです。
住宅ローン一括審査申込

住宅ローン2015年5年固定画像

住宅ローン2015年5年固定やめた方が良い

私が住宅ローンをしたのは今から5年前でしたが
そのときでも超低金利と言われていました。

でも2015年の今は更に低金利な時代です。
これ以上の金利が低くなることは考えづらいものです。

これ以上の金利が低くなる可能性がないのであれば
金利は現状維持か上がるしかないと考えられます。

つまり固定金利を選択するなら35年や20年を選択し
完済するまで金利を気にしないものを選ぶことが良いものです。

住宅ローン2015年5年固定を検討

住宅ローン2015年に5年固定を選ぶというのは
とても中途半端と感じます。

金利がこれから更に低くなると考えれば
変動金利を選ぶ方が良いですし
金利が上がると考えれば完済までの
長期な固定を選ぶ方が良いと思います。

実際に銀行のシミュレーションをみて
検討することが良いと思いますよ。

※比較検討することがポイントです。
住宅ローン一括審査申込

以上、住宅ローン2015年5年固定やめた方が良い話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告