住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

注文住宅 仕様

吹き抜けのかわりに天井を高くする

更新日:

注文住宅では住宅に係る色々な部分に注文することが可能です。例えば、天井の高さを指定して高くすることも可能です。

吹き抜けの間取りが開放感を感じる間取りですが、デメリットが多いので避けた方が良いです。代わりに開放感やオシャレのために、天井を高くすることは良い選択と言えます。

今回は、吹き抜けのかわりに天井を高くする話をします。

 吹き抜けのかわりに天井を高くする画像

吹き抜けのかわりに天井を高くする

通常の戸建て住宅の天井高さは2400mmですが、天井を高くするときは2700mmにすることが一般的です。

通常よりも30cm天井が高くなることで、部屋の空間が広くなり開放感が感じられるようになります。私の自宅では全ての部屋を2400mmから2700mmに変更して天井を高くしていますが、開放感を感じオシャレな部屋になっています。

吹き抜けのかわりに天井を高くすることを検討

私は注文住宅を建てるときには、初めは吹き抜けのある間取りを検討していましたが、吹き抜けのデメリットを考えると吹き抜けの間取りはやめました。その代わりに天井を高くする選択をして正解だったと感じています。

吹き抜けのデメリットは今まで色々話していますが、開放感を得るためには吹き抜けよりも天井を高くすることだけで充分だと感じます。天井を高くすることで開放感も感じる間取りにすることが出来ますし、エアコンの空気のムラも感じません。

また天井を2400mmから2700mmに変更するには、建築費用の大幅なアップにもなりませんので、天井を高くすることでデメリットはありません。

天井が高いと開放感を感じオシャレな感じの部屋になるので、天井を高くすることは、良い選択だと思います。

以上、吹き抜けのかわりに天井を高くする話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-注文住宅 仕様
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.