住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

木造住宅

省エネルギー対策等級4の木造住宅

更新日:

これから住宅を建てる方はエコ住宅というのを気になる方はいませんか?

エコ住宅に適用された木造住宅を建てると
住宅ローンでフラット35Sの適合を受けると金利が低くなるので
エコ住宅を建てたいですね。

エコ住宅の適用には省エネルギー対策等級4という
木造住宅の性能基準を満たす必要があります。

今回は、省エネルギー対策等級4の木造住宅の話をします。

省エネルギー対策等級4の木造住宅画像

省エネルギー対策等級4の木造住宅

省エネルギー対策等級4の木造住宅を建てるには
定められた材料や工法で木造住宅を建てる必要があります。

省エネルギー対策等級4の木造住宅の基準に満たした住宅では
断熱性能の向上をするような基準となっています。

断熱性能を上げることで冬場の暖房や夏場のエアコンの光熱費も控えられるので
省エネルギー対策となっています。

私の自宅でもフラット35Sの適用を受けるために
省エネルギー対策等級4の木造住宅にしていますが
エアコンの効きが良く結露もない住宅です。

省エネルギー対策等級4の木造住宅を検討

省エネルギー対策等級4の木造住宅にするには
フラット35Sの適用を受けたいためにする方が多いと思います。

住宅の性能が良くなるのと同時に金利が低くなるというので
嬉しいことですね。

省エネルギー対策等級4の木造住宅で住宅を建てるには
設計士にフラット35Sに適用してもらうことを伝えるだけです。

住宅メーカーによってはエコ住宅対応ということで
追加費用があると思いますが住宅性能が向上するので良いですね。

省エネルギー対策等級4の木造住宅を建てることは
基準に適合するように住宅が作られるので質の高い住宅が完成します。

省エネルギー対策等級4で金利が下がる

フラット35Sの適用を受けると
金利が10年間下がり100万円以上の返済額が変わるということで
省エネルギー対策等級4を適用したいと思う方は多いですね。

フラット35では固定金利なので
将来の金利変動に不安な思いをすることがありません。

以前は変動金利を選択する方が多かったですが
最近の傾向としては固定金利の方が安心できるということで
フラット35を選択する方が増えています。

省エネルギー対策等級4を取得して木造住宅の性能があがり
金利も下がるということで嬉しいことばかりです。

これから木造住宅を建てる方は省エネルギー対策等級4の木造住宅を建てて
快適で安心した生活をしたいものですね。

以上、省エネルギー対策等級4の木造住宅の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-木造住宅
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.