木造住宅の耐震等級3は、基礎に要注意なことが気になる方は、いるでしょうか?

木造住宅の耐震等級3というのは、1番耐震性能が高い住宅です。

でも、木造住宅の耐震等級は、基礎に関しては、考慮されていません。

つまり、耐震等級3の木造住宅でも、基礎に問題ある木造住宅もある可能性があります。

今回は、木造住宅の耐震等級3は、基礎に要注意の話をします。

木造住宅 耐震等級3 基礎画像

木造住宅の耐震等級3は、基礎に要注意

木造住宅の耐震等級3は、耐震性能が通常の住宅の1.5倍の木造住宅です。

でも、耐震等級というのは、基礎から上の土台から考慮されている木造住宅です。

ですので、耐震等級3だからと言って、安心できない場合があります。

もちろん、殆どの住宅メーカーは、木造住宅の基礎に関しては、念入りに作業をします。

でも、一部の住宅メーカーでは、基礎に関して重視していない作業をしている場合もあります。

例えば、基礎のコンクリートを流した後に、ブルーシートでカバーをしないために、基礎のコンクリートが乾かない内に雨に濡れる物件もあります。

また、基礎の鉄筋の作業が斜めになっていたりと雑な作業をしている物件もあります。

基礎の部分は、木造住宅が完成してしまうと見えない部分が多いので、信頼できる基礎を作る住宅メーカーから木造住宅を購入することは大切なポイントです。

木造住宅の耐震等級3での基礎を検討

木造住宅での耐震等級3というのは、基礎の上の土台から評価している木造住宅と伝えました。

基礎に関しては、大手ハウスメーカーなどであれば、信頼できる作業をしている場合が殆どなので、過剰に心配する必要はありません。

私の自宅付近は、新興住宅街なので色々なハウスメーカーが住宅を建てる過程を見てきました。

大手ハウスメーカーは、流石と思うような丁寧な作業をしています。

逆にローコスト系の建売住宅の木造住宅では、雑な作業をしている物件もありました。

もちろん、建売住宅でも品質の良い丁寧な作業をしている木造住宅も多いです。

木造住宅で基礎というのは、後からリフォームをして修正することが難しい場合が多いもので、住宅にとって1番基礎となる大切な部分です。

木造住宅の耐震等級3という部分だけを気にするのではなくて、基礎にも注意することは必要です。

以上、木造住宅の耐震等級3は、基礎に要注意の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告