台所の床で無垢材を使うことを検討している方はいるでしょうか?

台所の床を無垢材のフローリングにすると汚れが無垢材に付着して汚れやすいので、後悔する可能性が高くなるので他の床材を使うことが良いです。

今回は、台所で無垢材を使うと後悔の話をします。

台所で無垢材を使うと後悔画像

 

台所で無垢材を使うと後悔

ダイニングやリビングで無垢材のフローリングを使うという方は多いものです。無垢材の天然の木の温もりは他の床材では味わうことが出来ない感覚です。賃貸住宅では無垢材の床はないので、無垢材の床は分譲住宅ならではの仕様だと言えます。

リビングに無垢材を利用する方は多いですが、その繋がりからダイニングにも無垢材を利用します。そして、ダイニングから繋がっている台所の床も同様に無垢材の床にしたいとデザイン的にも考えて、台所でも無垢材を検討する方が多いです。でも台所では無垢材ではなくても、通常のフローリングにしても後悔する方が多いのですが、無垢材にしたら更に後悔する可能性が高まります。

台所で無垢材を使うと後悔する理由としては、台所という水回りの部分では床に水が跳ねることがあります。また油も跳ねたりして床が結構汚れます。無垢材の床だと汚れないようにマットを敷いている方が多いですが、台所にマットがあると料理中に足を引っ掛けることがあったり、マットは汚れるので洗濯したり面倒です。

ですので台所でマットを敷くなら無垢材ではなくて、耐水性の床材を利用した方が良かったと感じる方は多いです。

台所で無垢材を使うと後悔を検討

台所では耐水性の床材、例えばクッションフロアやPタイルなどのビニール製の床材を使うのが1番使い勝手が良いものです。デザイン的に考えるとビニール製の床材はあまりオシャレでないですが、無垢材を使って汚れを気にしながら台所を利用するのはストレスになります。

また台所の床材を無垢材は使わないとしても、デザイン的に耐水性のフローリングを利用する方もいますが、それでも油汚れや台所で落とした調理器具などの傷が気になるので、汚れたらいつでも張替えが気軽に出来るクッションフロアやPタイルが台所で後悔しない床材で一番人気があります。

これから台所の床を検討している方はデザインを優先するか、使い勝手を優先するかを決めれば後から後悔する可能性は減らすことが出来ます。毎日利用する台所は、ストレスなく利用して快適に料理をしたいものです。

以上、台所で無垢材を使うと後悔の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告