これから住宅ローンをする方は
フラットか変動のどちらにするか迷うと思います。

2016年になった今では変動金利にするよりも
フラットの固定金利にすることが良いと思いますが
変動金利のメリットも受けたいものです。

今回は、フラットか変動の話をします。

※下記のサイトで住宅ローンは比較検討することで
支払総額が100万円以上変わる場合もあります。
住宅ローン一括審査申込

フラットか変動画像

フラットか変動の話

住宅ローンでフラットか変動か悩む方は多いと思います。
経済状況を予測して考える方が多いと思いますが
将来のことは誰にも分からないというのが正直な所です。

でも何かあったときのリスク回避のためにも
フラットの固定金利を選択する方が安全ですが
変動金利でのメリットも活かしたいものです。

そのためにフラットの固定金利と変動金利を組み合わせると
どちらのメリットも活かせてリスクを減らすことが出来ます。

例えば土地は変動金利で建物はフラットで借りる方法です。
私の自宅でも住宅ローンをするときは土地は銀行ローンで
建物はフラットで融資を受けました。
フラットの手続きを含めて全て銀行でやってくれるので
特に難しいことはありませんでした。

フラットか変動を検討する前に

2016年になった今これから将来の経済は
予測が大変難しい時代になっています。

将来のことは分からないですが
いま現在の住宅ローンをのシミュレーションをすることが
とても大切と感じます。

それには銀行一社だけだと偏った考えになったりするので
出来るだけ複数の銀行で住宅ローンの提案を受けることです。

複数の銀行で住宅ローンの提案を受けることで
色々な資料を比較検討したりしてフラットか変動か
自分が良いと感じるものが見つかると思います。

また複数の銀行で住宅ローンの提案を受けることで
金利の違いが明確に比較検討することが出来るのでメリットが大きいです。

フラットか変動かを悩むのは住宅ローンの一括審査サイトで
提案を受けてから考えた方が良いと思いますよ。

※下記のサイトで住宅ローンは比較検討することで
支払総額が100万円以上変わる場合もあります。
住宅ローン一括審査申込

以上、フラットか変動の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告