新築の注文住宅を建てるときには、外壁を1色にするか2色のデザインで配色するか、迷う方が多いと思います。

私が新築を建てるときには外壁を白の一色の外壁にしましたが、新築の戸建で外壁は配色してオシャレにしたいものです。新築の外壁では配色センスが必要ですが、住宅が完成してから後悔しないように配色したいものです。

今回は、新築の外壁は配色したい話をします。新築 外壁 配色画像

新築の外壁は配色したい話

新築の外壁の印象はとても大切なものです。特に配色選びで印象が大きく変わるので、新築の住宅が完成した後から後悔しないように配色したいものです。

最近ではパソコンの3D映像で外壁のシミュレーションが出来ますが、実際の外壁とはイメージが違うのであまり信用しないようにしましょう。

外壁の配色の成功のポイントとしては外壁のサンプルを取り寄せて、屋外の日の当たる場所でサンプルを並べて新築の外壁の配色を検討することが大切です。

新築の外壁は配色を検討

新築の外壁の配色で後悔が少ない色としては、白をベースにすることが良いと思います。
白をベースにした外壁で、アクセントの配色で濃い色を選ぶことがオシャレで素敵な外壁と感じます。

また、新築で外壁を配色するときは外壁だけ検討するのではなく、屋根の色、窓のサッシ、玄関の色、雨樋の色などを外壁のデザインのワンポイントの色として組み合わせることがポイントです。

一般的には新築の外観が色々な色で配色するよりも、シンプルに2色で配色する方が落ち着いた配色になり、素敵に感じることでしょう。

私の自宅では外壁は白の一色ですが、屋根、サッシ、玄関、雨樋の色を全て濃い茶色のブラウンで統一しています。つまり、白い外壁にブラウンがアクセントの配色として利用していますが、外壁は2色で配色しなかったですが、トータル的な家の外観としては2色で配色されています。

外壁を2色で配色することを検討していない方でも、屋根や窓のサッシを含めて新築の全体の外観として、2色で配色を検討してみると良いと思います。

以上、新築の外壁は配色したい話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告