土地が北側道路の実例について知りたい方は多いと思います。
特に気になるのが北側道路の土地の日当たりや住み心地です。

私の自宅は北側道路の土地ですが不安だった日当たりは問題なく
後悔することなく暮らしています。
私が家を建てる前は土地が北側道路に住んでいる方の実例を
知りたいと思ったものです。

今回は、土地が北側道路の実例の話をします。

土地が北側道路の実例画像

土地が北側道路の実例画像

土地が北側道路の実例

土地が北側道路だと実例の話をしますが
北側道路の土地は良いと感じています。
土地価格が南側道路よりも安いということもありますが
北側道路の方がプライバシーを保つ間取りが出来ると感じています。

土地が南側道路の場合、リビングにいると道路からの視線が気になり
常にレースカーテンをしている方も多いです。
レースカーテンをしても南側道路の視線を感じるので
リラックス出来ないという方もいます。

逆に土地が北側道路だと南に配置したリビングでは
隣の家の北側の壁が見えるだけです。
北側の壁は窓もない住宅が多いので北側道路の間取りは
外からの視線を気にしないので良いと感じます。

土地が北側道路の日当たり

また一番気になっていた北側道路だと日当たりが悪いという問題も
実際に住んでみると何の問題もなかったです。

私の自宅の間取りは日当たりを考慮して
L字型にして採光を取るようにしましたが
いま考えるとL字にしないでも日当たりは問題ないと感じています。

北側道路の土地だから日当たりが悪い
ということはないので安心して良いと思います。

土地が北側道路の実例を検討

建築家の方には北側道路の土地の方が人気があります。
土地が安いので余った費用を建築費用に使えることや
北側道路からの外観というものが
建築的に美しい実例が多くあります。

南側道路では家の正面から見た場合窓が大きい外観になりますが
北側道路では窓が小さく、場合によっては窓のない外観もあります。
北側道路の土地では建築のデザイン的に色々な可能性があります。

これから北側道路の土地を検討している方は
建築的に色々な可能性がある間取りを作ることが楽しみですね。

以上、土地が北側道路の実例の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告