住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

出窓のデメリット

投稿日:

出窓のデメリットが気になる方は、いるでしょうか?

以前は、出窓が人気がありました。

でも、最近の住宅では出窓のデメリットを気にして、出窓を採用する住宅は少ないと感じます。

出窓のデメリットは、どのようなものでしょうか。

今回は、出窓のデメリットの話をします。

出窓のデメリット画像

出窓のデメリット

出窓のデメリットとして、出窓が下るというデメリットがあります。

出窓は、外壁から出っ張って設置されています。

そして、長年住み続けると出窓の重みで、出窓の上に隙間が出来てしまうことがあります。

ですので、出窓のある住宅に住んでいると、出窓の上に隙間風を感じる可能性があることがデメリットです。

出窓のデメリットを施工の問題と考える方もいます。

でも、出窓を設置することは、雨漏りや隙間風など発生する可能性が、通常の窓を設置するよりも高いと感じます。

出窓のデメリットを検討

出窓のデメリットを気にする住宅メーカーが増えて、住宅メーカーでは出窓をあまり薦めない傾向があります。

私が住宅メーカーに勤めていたときには、多くの住宅を見てきましたが、出窓を設置する住宅は数える程度でした。

私が自宅を建てるときにも、出窓を設置することは全く考えなかったです。

ちなみに、私の実家では出窓を設置しています。

出窓を設置すると、窓の部分が広くなるので明るくなると想像する方もいます。

でも、出窓を設置しても部屋が明るくなる感じは、あまりありません。

出窓のデメリットを考えたら、値段が高い出窓を設置するメリットは、殆どないと感じます。

出窓のメリットとしては、窓の部分に棚が出来ることが、出窓のメリットと感じます。

これから自宅の住宅に出窓を設置することを検討している方は、出窓のデメリットとメリットを比較検討した方が良いと思います。

以上、出窓のデメリットの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.