リクシルの防音窓が気になる方はいるでしょうか?

リクシルの防音窓と呼んでいるものは、内窓を設置して窓のサッシを2重にするものです。

二重サッシというのはスタジオで利用する防音窓とは違うものですが、一般家庭でリクシルの防音窓を利用するのであれば、生活音や外の騒音を防ぐことが可能なので防音効果は高いものだと言えます。

リクシルの防音窓を設置することで、車の騒音を防ぐことが可能ですが、部屋内の音も外部に漏れるのを防ぐことが可能なので、ストレスがない暮らしが出来る方が多いです。

今回は、リクシルの防音窓の話をします。

リクシルの防音窓

リクシルの防音窓は、既存の窓の内側に更に窓を設置するものです。

窓を2重にすることで防音効果が高くなりますが、断熱性も高くなります。

私の自宅では2重サッシにしているので、リクシルの防音窓と同じ状態になっていますが、住宅の外の音が聞こえづらい状態になっています。

防音窓を設置して聞こえる音としては、家の前に大型車が通ったときのエンジンの重低音ぐらいです。

防音窓を開ければ、遠くの踏切の音や飛行機の音も聞こえますが、リクシルの防音窓では高音域の音を防音することが可能です。

リクシルの防音窓を検討

リクシルの防音窓を設置することで住宅外部の音を防ぐことが可能ですが、部屋内部の音が外部に漏れることを防ぐことが出来るのも大きなメリットです。

戸建住宅だと近隣への音の問題というのは少ないですが、それでも深夜に大きな音を出すことは気にした方が良い場合が多いです。

ピアノやギターの音であれば、リクシルの防音窓を設置することで防音効果は高いと言えます。

もちろん、リクシルの防音窓はスタジオで利用するような防音窓ではないので、生ドラムの重低音などはリクシルの防音窓でも防ぐことは難しいですが、減音効果はあります。

本格的な防音室を作りたい方には、リクシルの防音窓では難しいですが、一般的な生活音を防ぐことを考えている方には、リクシルの防音窓は役に立つと思います。

私の自宅は二重サッシの防音窓になっていますが、もし仮に住宅を建て直すときには、リクシルの防音窓を設置することを考えています。

二重サッシで防音窓のある部屋での生活というのは、とても快適なものです。

インプラス FIX用内窓 合せガラス仕様(防音)トステム【防音窓】 【承認】

以上、リクシルの防音窓の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告