住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

蓄熱暖房機

蓄熱暖房機のメリットとデメリット

投稿日:

夏が終わり寒い冬に備えて、暖房機器を検討する方はいると思いますが、蓄熱暖房機を検討している方はいるでしょうか?

蓄熱暖房機は深夜電力を利用した暖房機器ですが、深夜電力の電気代のメリットが少なくなっているので、蓄熱暖房機を使わない傾向になっています。

深夜電力の電気代が蓄熱暖房機のデメリットと言えます。

でも、実際に蓄熱暖房機を利用した方は分かると思いますが、一度でも蓄熱暖房機を利用するとエアコンなどの暖房機器を利用する気持がなくなるほど、蓄熱暖房機には快適というメリットがあります。

今回は、蓄熱暖房機のメリットとデメリットの話をします。

蓄熱暖房機のメリットとデメリット画像

蓄熱暖房機のメリット

蓄熱暖房機のメリットは、柔らかな温かさで身体の芯から温まることです。
蓄熱暖房機の中身は、レンガの石が積み上げられていますが、遠赤外線効果もあるので柔らかな温かさです。

蓄熱暖房機は、深夜電力で石のレンガを温めて、日中は温められたレンガの余韻で部屋中が温まるというシンプルな構造です。

蓄熱暖房機は、シンプルな構造のために故障する可能性が少ないこともメリットです。

また、蓄熱暖房機はエアコンのように運転音がしないこともメリットです。
蓄熱暖房機の中には、ファンで風を送るタイプのものもありますが、ファンの音は静かで殆ど無音です。

深夜でも日中でも、安全に利用できる無音の暖房機というのは、快適に暮らせます。

蓄熱暖房機のメリットと似ている暖房機器として、床暖房があります。
住宅購入前に、床暖房は憧れる方が多いですが、実際に暮らし始めてから床暖房を利用する方は少ないことが、床暖房のデメリットです。

なぜなら、床暖房の光熱費はとても高いので、気軽に利用できる暖房機器ではありません。
私の知っている家庭では、全館床暖房の住宅ですが、冬になっても光熱費を気にして全く利用していない家庭があります。

蓄熱暖房機は、深夜電力で運転をするので、床暖房よりも光熱費が経済的も利用が出来ます。

蓄熱暖房機のデメリット

蓄熱暖房機は、深夜電力を利用する暖房機器なので、床暖房よりも光熱費が安く利用できることがメリットと伝えました。

但し、最近では深夜電力が安くなくなってきたことが、蓄熱暖房機のデメリットとしてあります。

電力会社によって、深夜電力の内容は変わりますが、値上げや廃止という電力会社が多いです。
私が住宅を建てた5年前は、新築住宅の9割がオール電化の住宅でした。

でも深夜電力のメリットが少なくなっている最近では、オール電化の住宅の割合は減っています。
それに合わせて、蓄熱暖房機を利用する家庭が減っている状況です。

また、蓄熱暖房機の光熱費以外のデメリットとして、蓄熱暖房機の場所というのもデメリットとしてあります。

蓄熱暖房機はレンガの石を積み上げられている暖房機器ですが、設置する場合は床補強をする必要があります。

つまり、蓄熱暖房機を設置した後に自由に配置を変更することが出来ません。
部屋の模様替えをしたいときに、蓄熱暖房機が邪魔に感じる可能性もあります。

蓄熱暖房機の自由に移動が出来ないデメリットがあるために、蓄熱暖房機を設置するときには慎重に配置を検討する必要があります。

そして、蓄熱暖房機のデメリットとして蓄熱暖房機は温めるまでに時間が掛ることがデメリットです。
蓄熱暖房機を運転するときには、次の日が寒いことを予想する必要があります。

『明日から寒くなるから、蓄熱暖房機の運転をしておこう。』
というのが、蓄熱暖房機の利用の仕方です。

逆に寒いと思ったのに寒くない場合は、蓄熱暖房機を運転したことで暑い場合もあります。
蓄熱暖房機はレンガの石を温めている状態なので、部屋が暑い場合でも蓄熱暖房機の熱が無くなるまで待つしかありません。

蓄熱暖房機のメリットとデメリットを検討

蓄熱暖房機のメリットとデメリットは、色々とありますが、実際に蓄熱暖房機を利用して体験すると分かりますが、蓄熱暖房機を利用した後は、他の暖房機器を利用する気持ちになりません。

なぜなら、蓄熱暖房機はとても快適に利用できる暖房機器だからです。

エアコンの暖房は、温風で空気を温めるので、エアコンの運転を止めると寒くなるのが早いですが、蓄熱暖房機は空気を温めるというよりも、部屋の壁・床・天井と構造自体を温める感じです。

身体の芯から温めることが出来る蓄熱暖房機は、デメリットよりもメリットの方が遥かに大きいと言えます。

以上、蓄熱暖房機のメリットとデメリットの話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-蓄熱暖房機
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.