トリプルサッシを検討している方はいるでしょうか?

トリプルサッシというのは、窓のガラスが3重になっているサッシです。

最近では複層ガラスと言って、ガラスが2重になっている窓が標準仕様という住宅が多いです。

複層ガラスでも充分に結露を防ぐことが出来るのですが、防音性や断熱性を更にアップしたい方にはトリプルサッシという選択もあります。

でもトリプルサッシというのは、とても高価なサッシです。

注文住宅で標準仕様の複層ガラスからトリプルサッシに変更することで、差額が100万円になる場合もあります。

トリプルサッシの価格は高いですが、本当に必要なのでしょうか?

今回は、トリプルサッシの価格は高いけど、必要?の話をします。

トリプルサッシの価格は高いけど、必要?画像

トリプルサッシの価格は高いけど、必要?

トリプルサッシの価格はとても高いです。

注文住宅の標準仕様では複層ガラスが一般的ですが、トリプルサッシに変更することで差額が100万円近い金額だと、トリプルサッシは必要?と考える方は多いと思います。

私が住宅メーカーに勤めていたときには、業界でもトップクラスの高気密高断熱住宅を建てていましたが、それでも窓のガラスは複層ガラスでした。

複層ガラスで結露がないことは当然ですが、窓の付近でもヒンヤリとした寒さを感じませんでした。

また複層ガラスでも窓を閉めれば電車の音が気にならなくなったので、トリプルサッシは不要だと感じてしまいます。

トリプルサッシの価格は高いけど、必要?を検討

トリプルサッシの価格は高いので、トリプルサッシは不要だと私は感じていますが、窓の防音性や断熱性を複層ガラスよりも高いものにしたいのであれば、トリプルサッシを選択することは良いと思います。

実は私の自宅では複層ガラスの窓にシングルの内窓を設置しているので、窓ガラスは3重になっています。

ある意味トリプルサッシと同じ状態になっていますが、窓ガラスが3重になっていると複層ガラスより防音性や断熱性が向上することは当然です。

冬場の寒いときでもカーテンを閉めなくても夜に就寝できるので、トリプルサッシの効果は確かなものだと感じます。

複層ガラスをトリプルサッシにすることで費用が高いと感じる方は、トリプルサッシにする必要はないですが、防音性や断熱性を気にしてトリプルサッシにする費用が出せる方は、トリプルサッシを選択する価値はあると思います。

トリプルサッシで冬でも寒さを感じない快適な暮らしを楽しみたいものです。

以上、トリプルサッシの価格は高いけど、必要?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告