住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

新築でシャッターは、いる・いらない?

投稿日:

新築でシャッターは、いる・いらない?で迷っている方はいるでしょうか。

今までの生活でシャッターを利用している方は、新築にシャッターは当然必要ですが、今までの生活でシャッターを利用していない方は、いる・いらないで迷います。

新築でシャッターが付いていないと、あとからシャッターを付けると割高になってしまいます。

今回は、新築でシャッターは、いる・いらない?話をします。

新築でシャッターは、いる・いらない?画像

新築でシャッターは、いる・いらない?

新築でシャッターは、いる・いらない?についてですが、防犯ガラスを採用している新築の殆どはシャッターを付けていません。

そして、防犯ガラスを設置していない新築では、シャッターや面格子を設置しています。

私の自宅でも、新築時にシャッターは、いる・いらないで迷いました。

新築時にシャッターを設置する場合には、1箇所2万円ぐらいなので、あまり費用的には変わりません。

でも防犯ガラスを設置するなら、1箇所6万円ぐらいアップします。

結局は私の自宅では、新築時に防犯ガラスもシャッターも設置しないことに決めました。

新築でシャッターは、いる・いらない?を検討

私の実家ではシャッターがありましたが、子供のときからシャッターを利用する習慣は全く無かったです。

賃貸住宅に住んでいるときにも、シャッターがありましたが、全く利用していませんでした。

シャッターは手動で開閉するので、面倒ということが一番の理由です。

また、シャッターを閉めたときに真っ暗な空間になることが、あまり好きではありません。

新築時の家庭では、日中外出するときにシャッターを閉める家庭が多いですが、時間が経過するとシャッターを利用しなくなります。

なぜなら、シャッターの開閉が面倒なことが一番の理由です。

新築時から時間が経過してもシャッターを利用している家庭というのは、電動シャッターを利用している家庭です。

電動シャッターなら開閉に面倒なことを感じることがないので、常にシャッターを利用することになります。

特に、スリット状の隙間が開けることが出来るシャッターは、シャッターを閉じていても通風が可能です。
夏場の暑いときには、シャッターを閉じていても通風が出来るシャッターはとても便利なものです。

新築時であれば、電動シャッターは、1箇所数万円ほどで可能です。
でも後付となると数十万円になってしまいます。

新築でシャッターをいると感じる方は、電動シャッターならいると思ってよいですが、手動シャッターなら、いらないと思って良いと思います。

防犯のためにシャッターが必要?と思っている方は多いですが、実はシャッターというのは防犯にはあまり有効ではありません。

防犯のことを考えるなら、防犯ガラスが必要になります。

私は新築でシャッターは、電動シャッターで通風が出来るタイプなら付ける価値があると思います。

以上、新築でシャッターは、いる・いらない?話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.