中古住宅の値引きを1割と考えている方はいるでしょうか。

私は中古住宅の値引き1割では少ないと考えています。

中古住宅の価格が1,000万円なら1割だと100万円の値引きですが、私の感覚では2~3割の200~300万円の値引きが出来ると感じます。

もちろん中古住宅の人気物件によっては、値引き1割も出来ないものもありますが、多くの中古住宅では1割以上の値引きが可能だと思います。

ですので、中古住宅の値引き1割は少ないと思います。

今回は、中古住宅の値引き1割では少ない話をします。

中古住宅 値引き 1割画像

中古住宅の値引き1割では少ない

中古住宅の値引きは1割と考えてしまったら、中古住宅購入するときに勿体無いと思います。

私は住宅メーカーに勤めていたときに中古住宅の売買もしていましたが、中古住宅の値引きは1割以上あることが普通です。

そもそも中古住宅の値段は、近隣の住宅の相場によって決まりますが、中古住宅の状態によって値段は変動するので、中古住宅の値引きは1割以上あることは当然のことだと思います。

特に築年数が古い中古住宅では、購入してからのリフォームが必要になるので、1割以上の中古住宅の値引きというのは、売主も理解してくれる場合が多いです。

ですので、中古住宅の値引き1割と考えないで、もっと値引きが出来るものだと考えた方が良いです。

中古住宅の値引き1割を検討

中古住宅の値引きは、売主の気分によって変わる場合が多いです。

何故なら、中古住宅の売主は個人の方が殆どですが、中古住宅を売り出してから長い年月売れない状態だと、大幅な値引きをしても売却したくなる方が多いです。

もちろん、新築の建売住宅でも1割以上の値引きが当たり前で、少し売れない期間があると300万円ぐらいの値引きも普通です。

住宅というのは、人生の中で一番高額な買い物という方が多いですが、住宅というのは金額が大きいので1割や2割の値引きでも数百万円の違いになります。

でも、売主にとって中古住宅を売却することで数百万から数千万円の現金が入るので、1割以上の値引きをしても多くの現金が入ることが魅力的に感じる方の方が多いです。

中古住宅を購入するときには、値引き1割以上を目指すことが基本だと言えます。


ただし、人気のある中古住宅というのは値引き交渉をする前に、そのままの価格でも契約されてしまう場合も多いので、中古住宅の相場感を知っておくことは大切なことになります。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、中古住宅の値引き1割では少ない話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告