住宅購入の諸費用は、どれくらい?と気になる方はいるでしょうか。

住宅というのは建物の費用だけではなくて、税金や手続きのための諸費用というものが必要になります。

住宅購入の諸費用は、物件によって変わりますが、100万円以上の諸費用が必要になる場合が多いです。

住宅ローンでも諸費用の融資を受けることが出来ますが、出来ることなら貯金をして現金として用意しておきたいものです。

でも、住宅購入の諸費用はどれくらい必要なのでしょうか?

今回は、住宅購入の諸費用は、どれくらい?の話をします。

住宅購入 諸費用 どれくらい画像

住宅購入の諸費用は、どれくらい?

住宅購入の諸費用というのは、意外にも高額な費用になります。

一般的には、住宅購入価格の3~8%が諸費用として必要になります。

例えば、2千万円の住宅購入をするのであれば、60万~160万円が必要です。

住宅購入で絶対に必要になる諸費用とは、税金と契約手数料とローン関係の諸費用です。

でも、現実的には水道負担金や引越し代・火災保険・照明器具・カーテン・家具も諸費用として必要になります。

また注文住宅であれば、庭の外構費用も諸費用と考えますが、100万円単位の諸費用が追加で必要になります。

ですので注文住宅の住宅購入であれば、全てを含めた諸費用というのは、最低でも300万円ぐらい必要になります。

注文住宅以外の住宅購入では、最低200万円ぐらいの諸費用と考えて良いと思います。

住宅購入の諸費用を検討

住宅購入のときには、建物以外の諸費用が意外に必要になるので、住宅ローンを借りるときには余裕を持って借りるようにした方が良いです。

銀行の住宅ローンを少なく借りたい方は多いと思いますが、現金に余裕があると諸費用のことで悩まされる可能性が減ります。

私は注文住宅を購入しましたが、住宅メーカーで提示された諸費用以外にカーテンや照明器具費用も必要と知って、クレジットカードの長期分割で照明器具を購入しました。

住宅購入時には、現金が色々と必要になるので、ギリギリの計画ではなくて、余裕をもった計画をするようにしたいものです。

以上、住宅購入の諸費用は、どれくらい?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告