住宅購入で頭金の平均が気になる方はいるでしょうか。

住宅購入は人生で一番高価な買い物になりますが、通常の買い物とは違い頭金という考えがあります。

住宅購入で頭金というのは、気に入った住宅を他の方に取られないための手付金としての役目がありますが、住宅の法律面から考えると、頭金が少ないと他の方の取られてしまう可能性もあります。

では、住宅購入での頭金の平均はどれくらい必要なのでしょうか?

今回は、住宅購入で頭金の平均の話をします。

住宅購入頭金平均画像

住宅購入で頭金の平均

住宅購入で頭金の平均というのは、相場というものがあります。

私が住宅メーカーに勤めていたときには、手付金のための頭金は1割ぐらいが相場でした。

例えば、土地価格が3000万円の頭金を支払うときには、1割の300万円を頭金にしていました。

もちろん価格の1割というのは相場ですので、もう少し少ない頭金という方も多いです。

ただし住宅の法律面から考えると、頭金を支払っても売主が頭金の倍返しをすることで契約を無効にすることが可能です。

つまり頭金で300万円を支払っても、売主が600万円を支払うことで契約を無効にすることが出来ます。

私が住宅メーカーに勤めていたときに、頭金を倍返しをするケースはありませんでしたが、あまりにも頭金が少ないことは倍返しになる可能性もあります。

私が自宅の土地を購入するときには、頭金として100万円を支払いましたが、住宅購入の頭金は100万円を支払うことが平均と考えて良いと思います。

住宅購入で頭金の平均を検討

住宅購入での頭金の平均というのは、物件によって様々なので平均というのは難しいです。

でも、頭金として100万円を支払うことを平均として考えて良いと伝えました。

住宅購入というのは、金額は一千万円以上の高額な価格なので、数万円という頭金はあまりありません。

私が住宅メーカーに勤めていたときにフルローンで住宅購入する方の中には、頭金を支払わない方もいましたが、頭金の平均が100万円なので、頭金が少ないことは住宅メーカーや売主に悪い印象を与えてしまいます。

もちろん、頭金が少なくて悪い印象を与えることで直接的に害があることはないですが、一生に一度の住宅購入は気分良く購入したいものです。

住宅購入で100万円の頭金を支払えば頭金の平均になるので、問題になる可能性は少ないと思います。

以上、住宅購入で頭金の平均の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告