中古住宅の購入で失敗の話が気になる方はいるでしょうか。

これから中古住宅を購入する方は、中古住宅で失敗したくないので大変気になると思います。

私は住宅メーカーに勤めていたので、数多くの住宅を見ることがありましたが、中古住宅の購入は色々な状態のものがあるので、絶対に失敗しないで購入することは難しいことだと言えます。

でもどのようにしたら、中古住宅の購入で失敗しないように出来るでしょうか?

今回は、中古住宅の購入で失敗の話をします。

中古住宅 購入 失敗画像

中古住宅の購入で失敗

中古住宅の購入で失敗すると大変なことになります。

幸せのマイホームのために中古住宅を購入したのに、ストレスのマイホームになってしまいます。

中古住宅の失敗と感じる要因には色々とありますが、特に雨漏りや構造などの基本的に暮らすために必要なことに問題があると大きな失敗となります。

中古住宅を購入した後に失敗した場合は、リフォームをして失敗を改善する必要がありますが、雨漏りや構造に関する部分はリフォームしても改善することが難しい場合が多いので、中古住宅を購入することは賭けのような部分があります。

私は住宅メーカーに勤めていたので失敗したと感じる欠陥住宅も見てきましたが、手抜き工事をした原因から欠陥住宅になる訳ではありません。

住宅メーカーでは瑕疵保証と言って、住宅に欠陥があると改善する必要があります。

失敗のある欠陥住宅を改善することは、新築住宅を作るよりも難しい技術になるので、一般的な住宅メーカーは手抜き工事をすることはありえません。

それでも、材料の問題や施工の問題で失敗となる欠陥住宅になってしまいます。

そして、注文住宅を建てて失敗したと感じた方は、中古住宅として売却する方もいるので注意が必要です。

中古住宅の購入で失敗を検討

中古住宅の購入で失敗しないためには、色々と確認するポイントはあります。

特に住宅の構造の部分はリフォームでも改善することは難しく大きな失敗となるので、中古住宅を購入するときには構造の部分を念入りに確認したいものです。

例えば、基礎の部分にシロアリがないか、外壁に雨漏りの跡や亀裂がないか、補修した跡がないかなど、色々なポイントがあります。

でも実際には素人では判断することが難しい場合が多いので、中古住宅を購入する場合は出来ることであれば、住宅の専門家と中古住宅の物件を確認することが理想です。

中古住宅を購入するときには、慎重に検討して失敗しないように注意したいものです。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、中古住宅の購入で失敗の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告