住宅購入の頭金が目安よりも少ないことが、気になる方はいるでしょうか。

住宅購入の頭金の目安については、他の記事(⇒住宅購入で頭金の平均)でも書いていますが、100万円以上の頭金を用意していれば安心して良いです。

でも、住宅購入の頭金が目安の100万円より少ないときには、注意した方が良い場合もあります。

例えば、2千万円の住宅購入をするのに、頭金を1万円だけ入れることは目安よりも低いので、後から他の方に取られないか注意した方が良いです。

なぜなら住宅購入の頭金は、売主が倍返しをすることで契約を無効にすることが可能だからです。

今回は、住宅購入の頭金が目安より少ないときの話をします。

住宅購入で頭金の目安画像

住宅購入の頭金が目安より少ないとき

住宅購入の頭金が目安よりも少ないときには、売主から頭金を倍返しされて契約を無効にされる可能性もあるので注意した方が良いです。

住宅に関する法律では、頭金を倍返しすることで契約を破棄することは認められています。

例えば、あなたが2千万円の物件を頭金1万円入れて申し込みした場合、後から他の方が2千2百万円で購入すると言った場合では、売主は物件を高く購入する方に売りたいので、あなたに頭金の1万円の倍の2万円を返却して契約を無効にすることが可能です。

ですので、住宅購入の頭金の目安の100万円であれば、倍返しでは200万円になるので契約を破棄される可能性は少ないのですが、1万円の頭金であれば契約を破棄される可能性はあると言えます。

もちろん、頭金が目安よりも少ないからと言って、通常の場合では倍返しをして契約を破棄することはないですが、契約途中で売主と揉めたりするときには、契約を破棄されてしまう可能性があるので注意が必要です。

また人気のある物件では、他の方が高い金額を出しても購入したい場合があるので、頭金が目安よりも少ないと不安になることは当然のことです。

住宅購入で頭金の目安を検討

他の記事(⇒住宅購入で頭金の平均)でも書いていますが、頭金は100万円以上入れておけば、心配は不要だと言えます。

ただし、最近ではフルローンで住宅購入をする方が増えています。

そうなると頭金が目安よりも少ないという話以前に、頭金を入れないで住宅購入をするケースもあります。

人気のない物件を購入するのであれば、頭金を入れないで購入することは普通だと思いますが、人気のある物件で頭金を入れないで購入することは、他の方の取られてしまうリスクもあることを知っていた方が良いと思います。

住宅購入の頭金が目安の100万円よりも少ないときで人気のある物件を購入するときには、他の方に取られる可能性について営業担当に確認した方が安全です。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、住宅購入の頭金が目安より少ないときの話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告