建売の諸費用は、いくら?か気になる方はいるでしょうか。

住宅購入では、建物本体以外に諸費用というものが必要になります。

諸費用というのは、税金や手数料などになりますが、数万円ではなくて数十万~数百万円になるので、建売購入時には諸費用のことも頭に入れて購入する必要があります。

今回は、建売の諸費用は、いくら?の話をします。

建売 諸費用 いくら画像

建売の諸費用は、いくら?

建売の諸費用は、いくら?を、ざっくり言うのであれば、建物本体価格の10%位が諸費用になります。

つまり、2000万円の建売であれば、諸費用は200万円になります。

諸費用の内訳で一番大きな金額は、仲介手数料ですが、新築物件で売主から購入するのであれば仲介手数料は不要になるので、その場合は建売本体価格の7%位が諸費用になります。

つまり、仲介手数料が不要な2000万円の新築建売であれば、140万円が仲介手数料です。

住宅を購入する際には、仲介手数料が必要になりますが、建売を購入する際にも百万円単位の費用が必要になります。

ですので、建売購入するときに物件を探すときには、諸費用含めていくらになるかを確認することが大切なポイントです。

でも諸費用のことばかり考えて、仲介手数料が不要な建売を探すことは避けた方が良いです。

仲介手数料が必要な建売でも、良い物件と判断した場合には、仲介手数料を払ってでも購入した方が良いと思います。

仲介手数料は法律で決められた諸費用なので変更はできませんが、本体価格を安くしてもらい希望する建売を購入するようにしたいものです。

建売の諸費用は、いくら?を検討

住宅購入というのは、人生で一番高額な買い物です。

諸費用で数百万円単位でお金が出ていくので、数万円単位の金額の確認がおろそかになる場合もあります。

でも高額な諸費用だけでなくて、細かい数万円単位の諸費用も確認することが大切です。

税金関係や仲介手数料というのは、決められた諸費用なので値引きは出来ないですが、引っ越し費用や照明器具、カーテンなどの諸費用は値引きをすることで数万円単位で変わります。

また、インターネットの接続工事もキャンペーンを利用することで、お得に利用することが出来るので、細かい部分の諸費用でも合わせると十万円単位で変わる場合もあります。

住宅購入では、高額な本体や諸費用で金銭感覚が麻痺してしまう場合もありますが、冷静になって細かい諸費用もどんぶり勘定にならないようにしたいものです。

※追伸

ネットに掲載されている不動産情報は全体の2割しかないことを知っていますか?
本当に良い土地はネットに掲載される前に成約しています。

良い土地に巡りあうには不動産情報提供サービスで
未公開情報を入手することがポインです。

不動産情報提供サービスは無料で利用できるサービスなので
100万人以上が利用している人気サイトです。
個人情報も安全で安心して利用できます。

⇒詳細はこちらをクリックです。
(今なら限定で不動産購入に役立つガイドを無料プレゼント中)

以上、建売の諸費用は、いくら?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告