窓の寒さ対策を検討している方はいるでしょうか?

窓の寒さ対策をすることで、冬場の部屋が快適な空間にすることが可能です。

冬場は窓から8割の熱損失すると言われていますが、窓の寒さ対策をすることは大切なことです。

窓の寒さ対策では、どのようにすることが一番効果があるでしょうか?

今回は、窓の寒さ対策の話をします。

窓の寒さ対策画像

窓の寒さ対策

窓の寒さ対策として一番効果を感じるのは、内窓を設置することです。

既存の窓に更に窓サッシを追加して窓が2重になるので、暖かくなることは当然のことです。

私の自宅でも、窓の寒さ対策として内窓を全ての窓に設置していますが、寒さ対策として完璧だと感じています。

内窓を設置した日は秋の時期でしたが、仕事から帰宅した私はエアコンの暖房を運転している?

と勘違いしたほど、内窓を設置した部屋は暖かい空間になりました。

内窓を設置して部屋の気密性と断熱性がアップしたので秋の夜の時期でも暑すぎて、内窓を開けないと眠れない感じでした。

窓の寒さ対策を検討

窓の寒さ対策として内窓を設置することをオススメしていますが、内窓を設置することで寒さ対策以外の効果もあります。

内窓を設置して寒さ対策以外として、部屋の防音効果も高くなります。

住宅の外の音が聞こえない部屋というのは、かなり快適です。

また部屋の音も外に漏れることがないので、夜でも音を気にしなくて暮らすことが可能です。

楽器を演奏する方や音楽が好きな方は、内窓を設置することはオススメです。

窓の寒さ対策として内窓を設置すると、冬に結露がないことや防音性もアップするので良いことばかりです。

また夏にも内窓があるとエアコンの効率が良くなるので、部屋が直ぐに涼しい空間になります。

窓の寒さ対策として内窓を設置すると、今まで経験したことがないような快適な暮らしが出来ると思います。

以上、窓の寒さ対策の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告