安い断熱材では、夏は暑いことが気になる方は、いるでしょうか?

断熱材によって、夏の快適度は大きく変わります。

例えば、安い断熱材を利用すると、エアコンを運転してもエアコンの効き目が弱いを感じてしまいます。

ですので、なるべく高いグレードの断熱材を利用したいものです。

では、どのような断熱材が夏は暑くないのでしょうか。

今回は、安い断熱材は、夏は暑い?の話をします。

断熱材 夏 暑いイメージ画像

安い断熱材は、夏は暑い?

安い断熱材を選択すると夏は暑いことを伝えましたが、もちろんエアコンを運転しないと夏は暑いです。

つまり、夏を暑いと感じないためには、エアコンが効率よく運転できるために断熱性能の高い断熱材を選択することが必要です。

高気密高断熱住宅の断熱材は、冷蔵庫や飛行機と同じような断熱材を採用しています。

また最近の断熱材では、真空魔法瓶と同じ原理の真空断熱材も存在します。

このような高い断熱性能の断熱材は、とても高価です。

一方で安い断熱材の代表としては、グラスウールが有名です。

ただし、安い断熱材のグラスウールでも、グラスウールの断熱材をいっぱい詰め込むことで断熱性能を高くして、夏は暑いと感じない住宅にすることも可能です。

安い断熱材は、夏は暑い?を検討

安い断熱材は、夏は暑いことを伝えましたが、安い断熱材でも使う量を増やせば断熱性能が高く、夏は暑いことがなくなります。

もちろん、グラスウールの壁の間に設置するためには、物理的な限界もあります。

また、グラスウールの断熱材は、適切な施工をしないとグラスウールの断熱材が壁からズレ落ちるリスクがあります。

グラスウールの断熱材の施工方法については、大工さんが設置するのですが、大工さんによっては正しい施工方法を知らないで間違った知識のままグラスウールの設置をしている方もいるので注意が必要です。

つまり、夏にエアコンを運転して涼しいと感じるためには、断熱材の高い断熱性能と大工さんの施工能力が必要だといえます。

そして、安い断熱材になるほど、大工さんの施工能力が必要になると感じます。

以上、安い断熱材は、夏は暑い?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告