住宅購入アドバイザーが伝える初めての家選び。マンション,戸建て建売住宅,注文住宅など色々な住宅購入のアドバイスをしています。

住宅購入体験談ブログ

窓の気密性を上げる方法とは?

更新日:

窓の気密性を上げる方法が気になる方は、いるでしょうか?

窓の気密性を上げる方法としては、色々とありますが、基本的には縦すべり出し窓などのドアタイプの窓にすることが、窓の気密性を上げる方法です。

また、内窓を設置する二重窓にすることでも、窓の気密性が上がります。

今回は、窓の気密性を上げる方法とは?の話をします。

窓 気密性 上げるイメージ画像

窓の気密性を上げる方法とは?

窓の気密性を上げる方法として、ドアタイプの窓にすることが基本だと言えます。

引違い窓では窓の気密性が低いので注意が必要です。

色々な事情で引違い窓を設置することになる場合では、内窓の二重窓を設置することで気密性を上げることが出来ます。

私の自宅は全て引違いの窓ですが、内窓を設置して二重窓にすることで窓の気密性を上げることが出来ました。

窓の気密性が上がると、窓の側にいてもヒンヤリとした寒さを感じることがありません。

窓の気密性を上げることは、冬の寒い時期には大切なことだと感じることが可能です。

窓の気密性を上げるを検討

窓の気密性を上げることは、住宅の断熱材を検討することと同じぐらい大切なことです。

なぜなら、冬場の熱の損失の5割は窓から出ていくと言われています。

つまり、壁の断熱材を気にすることよりも、窓の気密性と断熱性を気にする方が、快適な部屋にすることが可能です。

窓の気密性を気にするなら、新築であればオール樹脂サッシにすることが窓の気密性を上げるベストな方法です。

そして、既存の住宅であれば内窓を設置して二重窓にすることが良い方法です。

私が現在住んでいる住宅では、オール樹脂サッシの縦すべり出し窓ですが、内窓を設置した引違い窓の二重窓と比較すると、オール樹脂サッシの縦すべり出し窓の方が気密性が高いと感じています。

やはり、引違い窓を二重窓にしても、縦すべり出し窓のドアタイプの窓の方が気密性が高いことは間違いありません。

これから新築住宅を建てる方で窓の気密性を気にする方は、オール樹脂サッシの縦すべり出し窓を選択することは必須のことだと思いますよ。

窓の気密性を上げることは、その分費用が高くなります。

でも、窓の気密性を上げることは、追加費用を払う以上に満足度が高いことを感じると思います。

以上、窓の気密性を上げる方法とは?の話でした。

オススメ記事

▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき

-
-, ,

Copyright© 住宅購入体験談ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.