SE工法を検討している方で、工務店とハウスメーカーのどちらが良いか気になる方は、いるでしょうか。

工務店とハウスメーカーのどちらが良いか結論から言うと、ご自身の好みで決めるものになりますが、ハウスメーカーの方が工事途中で倒産する可能性が少ないので、心配症の方には大手ハウスメーカーの方が安心だと言えますね。

ただし、大手ハウスメーカーでSE工法を採用しているハウスメーカーは少ないと思います。

基本的にSE工法というのは、中小企業レベルの工務店が利用する工法だと感じます。

大手ハウスメーカーでSE工法と似ている工法というと住友林業のビッグフレーム工法がありますが、SE工法でハウスメーカーで建てたいなら住友林業のビッグフレーム工法が良いと思います。

今回は、SE工法にするなら、工務店とハウスメーカーどちらが良い?の話をします。

SE工法 工務店 ハウスメーカーイメージ画像

SE工法にするなら、工務店とハウスメーカーどちらが良い?

SE工法というのは、主に中小企業の工務店が採用している金物工法の一種です。

中小企業の工務店では、住宅の新技術を積極的に導入しています。

なぜなら、新技術を導入することで大手ハウスメーカーとの差別化をすることが可能になるからです。

逆に大手ハウスメーカーというのは、住宅に関する新技術を積極的に導入するような感じは少ないです。

なぜなら、新技術を導入することはリスクが高いからです。

新技術というのは、実績が少なく検証が出来ていないので、本当に間違いない技術か判断することが難しいです。

もちろん、理論的には問題ないのですが、実際の運用をしてみて判断することが出来ることは多くあります。

SE工法などの金物工法も技術的なデメリットがないかは、まだ検証する歴史が浅いと感じます。

そのような中で住友林業はSE工法ではないですが、金物工法の一種のビッグフレーム工法を販売することは、かなり凄いことだと思います。

工務店とハウスメーカーの違いとは?

先ほども話したように工務店は、色々な新技術を積極的に取り入れて住宅を建てています。

SE工法以外にも色々な工法がありますが、複数の工法を導入している工務店もあります。

ある意味工務店というのは、住宅を建てる施主の希望があれば色々な新しい技術を導入します。

例えば、内断熱工法をメインにしている工務店でも、施主が外断熱工法を希望すれば外断熱工法で住宅を建てます。

でも、大手ハウスメーカーでは施主の希望があっても、その希望を受け入れて導入することは少ないです。

SE工法のような工法に関する技術を導入することは、もちろんないですし、屋根や外壁でも施主の希望するメーカーを利用することは難しいです。

なぜなら、大手ハウスメーカーは、検証できていない住宅建材を採用することはリスクがあるので利用したくないからです。

つまり、確かに安全と確証出来たものを利用することは、住宅の品質の補償を重視しているとも言えます。

逆に工務店というのは、住宅の品質よりも施主の希望を優先すると言えると思います。

ですので、大手ハウスメーカーでSE工法を利用したいと言っても利用することは難しいのですが、工務店であれば利用できる可能性が高いと言えますね。

大手ハウスメーカーの工法の方が安心?

大手ハウスメーカーは、工務店と違って検証した技術を導入していることを伝えました。

では、新技術を導入する工務店は良くないの?と言うことになりますが、決してそのようなことはありません。

大手ハウスメーカーの住宅を実際に建てるのは、地元の工務店ですので施工的な技術は工務店もハウスメーカーも変わりません。

工務店の中には新技術を積極的に導入している工務店もありますが、SE工法などの新技術にあまり積極的ではない工務店も数多くあります。

つまり、従来の在来工法の技術的なことだけで考えるなら、大手ハウスメーカーも工務店も変わらないと思います。

技術以外の工務店とハウスメーカーの比較

ただし、工法以外の安心を考えるなら、大手ハウスメーカーの方が安心なことは確かです。

なぜなら、大手ハウスメーカーで工事途中に倒産する可能性は、工務店よりも遥かに少ないからです。

先ほども伝えたように、SE工法を採用している工務店というのは、中小企業の会社が殆どです。

SE工法に憧れて工務店で住宅を建てることを選択したのに、工事途中で会社が倒産したら最悪なことですよね。

私が住宅メーカーに勤務しているときにも、他の工務店で住宅を建てている途中で工務店が倒産してしまったけれど、どうしたら良いのか相談に来る方がいました。

もちろん、工務店でも工事途中に倒産する可能性は少ないとは思いますが、大手ハウスメーカーの方が安心なことは確かですよね。

SE工法が気になる方は、大手ハウスメーカーのビッグフレーム工法が良い?

SE工法に似た技術として、住友林業のビッグフレーム工法というものがあります。

住友林業は、大手ハウスメーカーの中でもトップクラスのハウスメーカーですが、工法に関して新技術を導入している点は凄いと感じます。

SE工法の新技術が気になるけれど、工務店だと心配という方は、大手ハウスメーカーである住友林業のビッグフレーム工法であれば安心出来ると思います。

もちろん、住宅の建築費用だけを考えるなら、大手ハウスメーカーのビッグフレーム工法よりも工務店のSE工法の方がリーズナブルです。

住宅というのは、予算と希望を天秤にかけながら色々と検討をするものですが、工務店でもハウスメーカーでも、最終的には快適に暮らせる住宅に住めることが一番大切なことですよね。

以上、SE工法にするなら、工務店とハウスメーカーどちらが良い?の話でした。


【オススメ記事】
▼1.あなたに最適な住宅メーカーは?
注文住宅を検討している方に役立つ!ハウスメーカー選びの方法をご紹介
⇒ハウスメーカー選びの最も簡単な方法とは?

▼2.注文住宅でよくあるのは、間取りの失敗!
成功の秘訣教えます
⇒間取りで後悔しない方法

▼3.実は注文住宅で平均100万円以上の値引きが可能です!
この方法を使えば値引き交渉は簡単です。
⇒注文住宅の値引き交渉を暴露

▼4.未公開物件を入手しましょう!
誰より早く良い土地に!
⇒土地探しで土地が見つからないとき


広告